高速バイポーラ電源BA4825

BA4825
  • BA4825 ¥650,000(税抜)

概要

DC~最高2MHzの広帯域・高速・高出力電圧を実現。

さまざまなデバイスをラクラク駆動する安定した出力を提供。    

BA4825は、直流から最高2MHzまでの信号を扱うことができる広帯域・高速・高電圧(最大300Vp-p)のバイポーラ (正負両極性) 出力可能な電力増幅器です。
一般の直流電源が一方向の電流しか供給できないのに対して、BAシリーズの動作領域は4象限にわたるため、正負の電圧はもちろん、電流のソース (供給)・シンク (吸収) が可能です。

主な特長

  • 広帯域 DC~2MHz
  • 高出力電圧/電流 100Vrms (300Vp-p)、0.5Arms
  • 高スルーレート 500V/μs
  • 低出力インピーダンス 0.5Ω+1.5μH以下 (typ.)
  • バイポーラ出力 正負の電圧・電流の供給 (ソース)・吸収 (シンク) が可能な4象限動作
  • 多彩な機能 出力極性切換機能、出力オン/オフの外部制御、DCオフセット調整機能など

特長

容量性・誘導性負荷に対応

一般的に、コンデンサやコイルを含んだ負荷を交流で駆動すると、負荷側から電流が逆流します。この場合、通常の電源や増幅器ではドライブできないことがあります。BAシリーズなら、電圧と電流の向きが反対になるシンク(吸収)でも動作しますので、圧電素子やソレノイドなどの容量性・誘導性負荷にも安定して動作(出力)します。

広帯域・高速・高電圧

BA4825は、DC~2MHzと最大300Vp-pの高電圧出力により、大型の圧電素子やディスプレイデバイスなども余裕をもってドライブできます。いずれの機種も直流から出力できるため、オフセットが加わった波形や正負非対称波形の増幅も容易に行えます。

低出力インピーダンス

全帯域にわたって極めて低い出力インピーダンス(BA4825は0.5Ω+1.5μH以下typ.)を保っています。負荷を接続することによって起こる電圧降下を最少に抑えて本器の持つパワーを最大限に引き出すことができます。

多彩な機能

  • 出力範囲を変更できるレンジシフト機能
  • 出力に直流(バイアス)を加算できるDCバイアス加算機能
  • 出力に含まれるDCオフセットをゼロにできるDCオフセット調整機能
  • 出力電圧モニタ端子 (BNC, モニタ比1/100) 、モニタメータ (出力電圧/電流切換え表示) を装備
  • 出力オン/オフをパネルスイッチまたは外部から制御可能
  • 出力極性切換機能(INVT)により、同相アンプにすることも逆相アンプにすることも可能。逆相出力を利用すれば、BAシリーズを2台使用して出力電圧と電力を2倍にするBTL*接続も容易
  • 入力はA, Bの2系統、入力の切換えや加算がワンタッチでOK
  • 入力インピーダンスを50Ω/10kΩに切換え可能
  • 電源投入時の設定をリアパネルのDIPスイッチで設定可能
  • 電源入力はワールドワイド対応のAC100V~230V
  • Balanced Transformeriess

アプリケーション

圧電素子の駆動・評価

圧電インバータ、圧電アクチュエータ等に使用する圧電素子を駆動・評価する場合、高電圧・高速性が求められます。
BAシリーズは、高電圧出力に加え、出力インピーダンスが極めて小さいため、静電容量の大きな圧電素子でも良好なステップ応答が得られます。

関連製品

超音波モータの駆動・評価

設計した超音波モータをモータドライバなしで駆動するため、信号発生器とBAシリーズを組み合わせて試験を行います。
BAシリーズは高速・広帯域で、安定した電圧出力が可能なので、周波数・位相・振幅などを変化させながら、最適な駆動条件を見つけることができます。

信号発生器・パルスジェネレータのパワーアンプとして

パワーデバイスなどの評価では、広帯域・高電圧・大電流での性能評価が行われます。
BAシリーズの広帯域・高速・高電圧出力等により、各種波形、パルスパターン、さらには任意波形によるデバイスの評価・試験が可能です。

磁性材料の磁化特性 (B-Hカーブ) 測定

フェライトやアモルファスなど磁性体のB-Hカーブの測定に使用することができます。
BAシリーズは、B-Hカーブ測定に必要な高い周波数 (50MHz)、高電圧出力、誘導性負荷に対する高い安定性を備えていますので、再現性に優れた測定が行えます。

仕様
外形寸法

仕様

周波数

周波数帯域 DC~2MHz

出力

最大出力電圧
  • ±150Vレンジ(定格抵抗負荷 200Ω)
    100Vrms以上:40Hz~500kHz
    70Vrms以上:500kHz~1MHz
    40Vrms以上:1MHz~2MHz
  • ±150Vレンジ(定格抵抗負荷 450Ω)
    ±150V(300Vp-p):DC~500kHz
    ±100V(200Vp-p):500kHz~1MHz
    ±56V(112Vp-p):1MHz~2MHz
  • +250Vレンジ(定格抵抗負荷 1250Ω)
    -50V~+250V:DC~500kHz
    +40V~+240V:500kHz~1MHz
    +80V~+200V:1MHz~2MHz
  • -250Vレンジ(定格抵抗負荷 1250Ω)
    -250V~+50V:DC~500kHz
    -240V~-40V:500kHz~1MHz
    -200V~-80V:1MHz~2MHz
定格出力電流 0.5Arms
(±150Vレンジ、定格抵抗負荷 200Ω)
出力電力 50W(定格時) 最大150W
動作モード 定電圧(CV)
出力極性 同相または逆相(パネル面スイッチにて切換え)
小振幅周波数特性 DC~100kHz ±0.5dB
100kHz~2MHz +1,-3dB
条件:出力振幅 20Vrms、1kHz基準
利得設定機能 固定 : ×1, ×10, ×20, ×50
可変 : ×1(CAL)~×3連続
設定利得は固定×可変となる
スルーレート 500V/μs以上
出力DCオフセット 調整範囲:±0.5V以上(入力端子短絡)
出力DCバイアス ±200V以上
フロントパネルのスイッチによりオン/オフ可能
出力インピーダンス 0.5Ω+1.5μH 以下(typ.)
出力端子 BNCコネクタ(フロントパネル)、Lo側は筐体に接地
モニタ出力 出力電圧の1/100, 同相
モニタメータ 出力電圧または出力電流を表示(スイッチ切換え)
出力オン/オフ フロントパネルのスイッチ、または外部制御入力

入力

最大入力電圧 ±10V
端子数 2(A入力:フロントパネル、B入力:リアパネル)
(入力形式は、A入力, B入力、またはA入力+B入力)
入力端子 BNCコネクタ、Lo側は筐体に接地
入力インピーダンス 50Ω/10kΩ切換え

その他

保護機能 出力過電流、出力過電圧、電源部異常、内部温度異常
外部制御入出力 出力オン/オフ ほか
電源投入時設定 電源投入時の設定をリアパネルのDIPスイッチで設定(BA4825は10項目、BA4850は4項目)
電源入力 AC100V~230V±10% (ただし250V以下)、50Hz/60Hz ±2Hz
消費電力 350VA以下
動作温度・湿度範囲 0~+40℃、5~85%RH(ただし、絶対湿度は1~25g/m3、結露がないこと)
外形寸法(mm) 258(W)×132.5(H)×390(D)(突起物を含まず)
質 量 約7kg

出力電圧・電流範囲

ACの場合
DCの場合

外形寸法

単位:mm

付属品

  • 取扱説明書  1
  • 電源コードセット(仕向地別,国内向けは7A/125V)  1

ダウンロード

セレクションガイド

関連技術用語集

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける