バイポーラ電源BPシリーズ

BPシリーズ

CE対応:BP4610、BP4620

  • BP4610 ¥650,000(税抜)
  • BP4620 ¥1,200,000(税抜)
  • BP4630 ¥1,950,000(税抜)
  • BP4640 ¥3,300,000(税抜)
  • BP4650 ¥3,800,000(税抜)
  • BP4660 ¥4,250,000(税抜)
  • BP4670 ¥4,650,000(税抜)
  • BP4680 ¥5,050,000(税抜)
  • BP4690 ¥5,450,000(税抜)
  • BP46100 ¥5,850,000(税抜)

概要

広い出力範囲、広がる用途

  • ±60Vのフレキシブルな出力
  • 最大±100A
  • 定電流出力(CC)/定電圧出力(CV)

BPシリーズは、シーケンス機能を内蔵した高電圧・大電流・ハイスピードのバイポーラ電源です。
プラスもマイナスもソース (供給) もシンク (吸収) も可能なバイポーラ出力に加え、出力パターンを自在にプログラムできるシーケンス機能を搭載しました。車載電装品/モータ/ソレノイド/大容量コンデンサの試験用電源として、電源/電池試験用の電子負荷として、さまざまな用途にお使いいただけます。

主な特長

  • 電圧電流4象限出力
  • ハイパワー : ±60V(シフト可)
    ±10A ~ ±100A の全10機種
  • ハイスピード : DC~150kHz (CV、調整特性)
  • 定電圧 (CV)/定電流 (CC) 動作を選択可能
  • 255ステップのシーケンシャル信号源内蔵
  • レスポンスキャリブレーション機能
  • 電圧電流リミッタ、計測表示機能
  • USBインタフェース(USBTMC/USB488)、外部アナログ入力
  • コントロールソフトウエア標準添付(計測値のロギング、シーケンス編集、任意波形作成)

ラインナップ

BPシリーズ ラインナップ

±30Aから±100Aの全10モデルをラインナップ。

  BP4610 BP4620 BP4630 BP4640 BP4650
出力電圧範囲 ±60 V、120 Vp-p
リミッタ設定により-5 V~+115 V、-115 V~+5 Vまで出力範囲をシフト可能
出力電流 DC ±10 A ±20 A ±30 A ±40 A ±50 A
AC ±15 A ±30 A ±45 A ±60 A ±75 A
小信号周波数特性 DC~200 kHz (CV)*
DC~70 kHz (CC)*
動作モード 定電圧(CV)/定電流(CC)動作を選択可能
  BP4660 BP4670 BP4680 BP4690 BP46100
出力電圧範囲 ±60 V、120 Vp-p
リミッタ設定により-5 V~+115 V、-115 V~+5 Vまで出力範囲をシフト可能
出力電流 DC ±60 A ±70 A ±80 A ±90 A ±100 A
AC ±90 A ±105 A ±120 A ±135 A ±150 A
小信号周波数特性 DC~170 kHz (CV)*
DC~70 kHz (CC)*
動作モード 定電圧(CV)/定電流(CC)動作を選択可能
  • 出力振幅 12 Vp-p

特長

広範囲な出力領域-電圧・電流4象限出力

BPシリーズは、正負の電圧はもちろんのこと、電流の向きもソース(供給)・シンク(吸収)が可能な4象限出力です。ソレノイドのように逆起電力を生じるデバイスや電解コンデンサなど蓄電性の負荷、さらに起電力を帯びた圧電体や燃料電池のような電源・電池類まで、一般的な直流電源では駆動できないデバイスや機器類も駆動できるフレキシブルな電源です。

動作範囲

動作範囲 BP46100(±100A)出力電圧±60Vの場合

高電圧・大電流・広帯域、定電流動作

出力電圧範囲は±60Vで、車載電装品の試験などに求められる高電圧までカバー。
また、大型部品の評価に必要な大電流、アクチュエータのドライブなどで要求される高速性、さらには、低インピーダンスのソレノイド駆動時などに有効な定電流動作などBPシリーズは、これらを満たす充実のスペックで、機器の開発やデバイステストの試験要求にお応えします。

カスタム対応

±100Aを超える大電流にもカスタム対応。実現したい電流値をご相談ください。
(±150Aモデルの納入実績あり)

シーケンス機能

内蔵のシーケンシャル信号源で、シーケンス制御が可能です。
例えば、電装品電圧変動試験に用いる一連の電圧変化パターンをあらかじめプログラムしておけば、シーケンス開始操作1回で試験を実行可能です。

  • シーケンス数: CV/CCモード各々に1シーケンス
  • ステップ数: 1~255ステップ
  • ステップ時間: 0.1ms~999.9999s(分解能 0.1ms)
  • パラメタ: 直流電圧、重畳交流電圧、周波数、波形
  • ジャンプ回数: 1~999または連続
  • シーケンス制御: 開始、停止、ホールド、ブランチ(分岐)

シーケンス機能を利用した様々な出力パターン

リレーの動作試験パターン例 : 耐電源変動性試験

リレーの動作試験パターン例 : 耐電源変動性試験

車載電装品の試験パターン例(ISO/DIS7637-2.2 Pulse4)(始動時の過渡的な電圧低下の模擬)

車載電装品の試験パターン例(ISO/DIS7637-2.2 Pulse4)
(始動時の過渡的な電圧低下の模擬)

専用ソフトウェアで複雑なパターンも容易に

本体からの設定以外に、専用のソフトウェアを用いたシーケンスパターンの編集も可能です。
標準添付のコントロールソフトウェアに含まれています。

レスポンスキャリブレーション機能

インダクタンス(コイル成分)やキャパシタンス(コンデンサ成分)を含む電磁部品など、複雑なインピーダンス特性を持つ負荷に対する過渡応答は、負荷によって異なります。
BPシリーズは、方形波出力や出力の急変などにおける過渡応答特性をユーザが実際の負荷条件にあわせて調整し、最適化できるレスポンスキャリブレーション機能を搭載しています。

レスポンスの改善例

出力電圧リミッタ・出力電流リミッタ

出力電圧および出力電流それぞれの最大値を正負独立で設定可能なリミッタ機能を装備しています。
出力電圧範囲をシフトする際には、出力電圧リミッタを使用します。

コントロールソフトウェア(標準添付)

BPシリーズは、コントロールソフトウェアを標準で添付しています。
コントロールソフトウェアはリモート制御,シーケンス機能,任意波形機能をサポートしています。

リモート・コントロール機能

リモート・コントロール機能

各パラメタの設定、保存、読み出しなど

シーケンス機能

シーケンス機能

シーケンスデータの作成、編集、保存、転送、プレビュー、実行制御、実行中のモニタ制御など

ロギング機能

ロギング機能

計測値のデータ取り込み・保存など

任意波形作成機能

任意波形作成機能

波形生成、波形編集、転送、表示、ファイル操作

動作環境
  • OS:Windows 8.1 (32bit/64bit)、Windows 10 (32bit/64bit) 日本語版/英語版
  • ハードディスク空き容量:50MB以上
  • ソフトウェアコンポーネント:Microsoft.NET Framework 4.0がインストールされていること

その他の機能

  • 出力電圧・出力電流信号モニタ出力
  • 計測機能 出力電圧・電流(DC値およびp-p値)を計測・表示
  • 出力ON/OFF機能
  • 発振器や記録信号も使える外部アナログ入力
  • 外部制御入出力(出力ON/OFF、シーケンス制御他)
  • USBインタフェース標準装備
  • ストア/リコールメモリ 30通り
  • 電源入力は三相3線または三相4線を指定可能(40Aモデル以上)

 

アプリケーション

12V/24V/48V車載電装品の電源電圧変動試験に

各種車載電装品の電源電圧変動試験が行えます。
BPシリーズのシーケンス機能を利用すれば、あらかじめ特定パターンをプログラムして出力することができます。12V/24Vはもちろん、48V電装品の試験にも対応します。

車載機器

  • ステアリング用モータ
  • ECUの電源回路
  • 車載情報機器
  • 電動ポンプ(ウォータポンプ/オイルポンプ)
  • 実車搭載の総合試験

車載機器用部品

  • 電源回路用インダクタ
  • ソレノイド
  • コネクタ
  • 大電流リレー  など
12V/24V/48V車載電装品の電源電圧変動試験に

ISO 16750-2規格準拠「車載電装品用試験装置」として

BPシリーズと、マルチファンクションジェネレータ WF1973/WF1974と組み合わせて、WF1973/WF1974のシーケンス機能を使うことにより、「ISO 16750-2」に準拠した規格試験が可能。

WF1973/WF1974アプリケーションページへ

磁界発生用定電流電源として

電磁界試験では、磁界を定量かつ安定して発生させるために、コイルに一定の電流を供給する必要があります。
BPシリーズなら、定電流 (CC) 出力が可能ですので、コイルに流れる電流を一定にして、安定した磁界を発生させることができます。

磁界発生用定電流電源として

コンデンサのリップル試験用定電流電源として

インバータなどコンデンサを用いたユニットのリップル試験が行えます。定電流動作により、インピーダンスの変化に対しても一定電流で試験が可能です。
また、内部/外部の信号源により、実際に使用される状態をシミュレーションした評価が可能です。

コンデンサのリップル試験用定電流電源として

メッキ用定電流電源として

各種電子材料のメッキ用定電流電源として使用することができます。
定電流動作により、負荷に対し一定で安定した電流を供給することができます。(設置環境にご注意ください)

メッキ用定電流電源として

Topics  三相モータ・インバータの評価

バイポーラ電源を用いた三相モータ・インバータの模擬システムの導入が進んでいます。

  • 定電圧/定電流動作によりインバータ・モータの試験を1セットで
  • 4象限動作により電力の供給と吸収が可能、モータの力率・回生に対応
  • 高速応答が可能
  • 3台で三相を構成

モータ模擬として「定電流モード」

モータの実機の代わりに、モータHILSとバイポーラ電源を組み合わせた高速モータ模擬システムです。モータ駆動用インバータの様々な評価に。

ポイント

  • モータの消費電力を模擬する定電流動作
  • モータの力行・回生を模擬可能
モータ模擬として「定電流モード」

インバータ模擬として「定電圧モード」

バイポーラ電源と三相信号源*を組み合わせてインバータの動作を模擬します。三相モータの複雑な評価試験に対応。

ポイント

  • インバータの出力を模擬する定電圧動作
  • モータの回生電力にも対応可能
  • 定格動作、不平衡三相動作および効率評価など、複雑な試験が可能
  • 上記模擬システムでは内部信号源は使用できません。
インバータ模擬として「定電圧モード」
  • ご注意
    三相外部信号のコモン電位は接地電位から絶縁、および各相が相互に接続されている必要があります。三相システム化の際には事前にご相談ください。

仕様
外形寸法

仕様

外形寸法

BP4610

外形寸法(BP4610)
単位:mm

BP4620

外形寸法(BP4620)
単位:mm

BP4630

外形寸法(BP4630)
単位:mm

BP4640/BP4650

外形寸法(BP4640/BP4650)
単位:mm

BP4660/BP4670/BP4680/BP4690/BP46100

外形寸法(BP4660 / BP4670 / BP4680 / BP4690 / BP46100)
単位:mm

付属品
オプション

付属品

  • 取扱説明書  1
  • コントロールソフトウエア (CD-ROM)  1
  • 電源入力配線用マイナスドライバ*  1
  • 電源コードセット (125V, 15A)*  1
  • 電源コード (ビニルキャブタイヤケーブル 2m)*  1
  • フェライトコア (USBケーブル用)  1
  • BP4620のみ

オプション

型名/品名価格備考
PA-001-3019
ラックマウント金具 (EIA)
¥12,000(税抜)BP4630用
PA-001-3020
ラックマウント金具 (JIS)
¥12,000(税抜)BP4630用
PA-001-3021
交換用エアフィルタ 1
¥3,000(税抜)BP4630 / BP4640 / BP4650用
PA-001-3022
交換用エアフィルタ 2
¥3,000(税抜)BP4630 / BP4640 / BP4650用
PA-001-3023
交換用エアフィルタ 1S
¥3,000(税抜)BP4660 / BP4670 / BP4680 / BP4690 / BP46100用
PA-001-3024
交換用エアフィルタ 2S
¥3,000(税抜)BP4660 / BP4670 / BP4680 / BP4690 / BP46100用
PA-001-3025
交換用エアフィルタ W
¥3,000(税抜)BP4660 / BP4670 / BP4680 / BP4690 / BP46100用
PA-001-3026
固定金具
¥20,000(税抜)BP4630用
PA-001-3027
固定金具
¥20,000(税抜)BP4640 / BP4650用
PA-001-3028
固定金具
¥35,000(税抜)BP4660 / BP4670 / BP4680 / BP4690 / BP46100用

ダウンロード

セレクションガイド

関連技術用語集

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける