バイナリラッチアダプタCA-903N

CA-903N
  • CA-903N ¥3,000(税抜)

概要

バイナリコードによる利得設定とラッチ機能を付加可能なアダプタ

CA-903Nは、プログラマブルゲインアンプ CA-206L2および差動増幅器 CA-406L2と組合わせることにより、バイナリコードによる利得設定とラッチ機能を持たせることを可能にするアダプタです。
ラッチ制御入力端子を開放または+5Vにすると、利得設定バイナリコード入力がスルーとなり、負論理のレベル信号で利得設定が可能となります。ラッチ機能を働かせるときはラッチ制御入力を0Vにします。0Vになるエッジで利得設定バイナリコード入力の情報がラッチされます。
CA-206L2、CA-406L2との接続は同一ピン番号の8本にて行い、電源も供給されます。

仕様
外形寸法

仕様

外形寸法

外形寸法
単位:mm

ダウンロード

カタログ

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける