低ひずみバンドパスフィルタAs-907

As-907
カスタム対応

概要

ひずみ率 0.0001%以下の高性能BPF

方形波でも、高品位な正弦波に変換が可能。

As-907は、LC型バンドパスフィルタを20段で構成したうえ、フィルタ自身のひずみ発生を極限まで抑えたバンドパスフィルタ (BPF) です。
本器を使用することにより、これまで計測が困難であった高い周波数(1MHz以上)でのひずみ測定が可能になります。
中心周波数により6タイプ (1MHz, 2MHz, 3MHz, 5MHz, 10MHz, 20MHz) をラインナップしています。30MHzから100MHzはカスタム対応可能です。

  • 出力は周波数に関係なく50Ωの純抵抗
  • 減衰量は2次が最大96dBc以上、3次が110dBc以上
  • 2次、3次のひずみ率 -120dBc以下
  • 最大入力電圧 5Vrms
  • 20ビットのA/Dコンバータの評価にも対応できる低ひずみ率
  • 入力50Ω純抵抗の低ひずみバンドエリミネーションフィルタ As-915と組み合わせて、-120dBcまでの高調波ひずみ率測定に対応

アプリケーション

発振器の出力に接続して、高品位な正弦波に変換

発振器に接続することで、−120dBcを超えるTHDの正弦波が作れます。超低ひずみの正弦波で評価、実験が行えます。

A/Dコンバータの評価システム用フィルタとして

方形波でもAs-907に通すと低ひずみの正弦波に変換できます。方形波を低ジッタのクロック信号によって生成することで、低ジッタかつ低ひずみの正弦波を得られ、A/Dコンバータ評価の基準信号として使用できます。

オーディオアナライザでは測定困難な周波数領域におけるひずみ測定に

低ひずみバンドエリミネーションフィルタ As-915と組み合わせることで、オーディオアナライザでは測定困難な1MHzを超える周波数領域におけるひずみの測定用フィルタとして使用できます。
部品や回路のひずみ特性を今まで以上の精度で測定できます。

仕様

入出力コネクタ BNC-R
出力インピーダンス 50Ω
最大入力電圧 5Vrms
中心周波数(fo) 1MHz (As-907-01)/2MHz (As-907-02)/3MHz (As-907-03)
5MHz (As-907-05)/10MHz (As-907-10)/20MHz (As-907-20)
30MHzから100MHzまでカスタム対応可能
中心周波数精度 ±5%以内(±2% typ.)
foにおける減衰量 7.0dB±0.6dB(As-907-01)
5.5dB±0.6dB(As-907-02/As-907-05)
5.8dB±0.6dB(As-907-03)
4.5dB±0.6dB(As-907-10/As-907-20)
2foにおける減衰量 88dBc以上 (As-907-01)/86dBc以上 (As-907-02)/90dBc以上 (As-907-03)
96dBc以上 (As-907-05/As-907-10/As-907-20)
3foにおける減衰量 110dBc以上
出力VSWR 1.4以下(1.2 typ.)(As-907-20のみ1.5以下,1.2 typ.)
ひずみ率 (Vout=5Vp-p、負荷50Ωにおいて)
2次ひずみ:-120dBc以下、3次ひずみ:-120dBc以下
外形寸法 (mm) 本体: 315×76×28(突起物除く)
最大: 351×76×33
質 量 約1kg
備 考
  • 仕様はすべて入力を50Ωで駆動した場合
  • 基本波も減衰することをご注意ください

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける