株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

回路素子測定器

LCRメータ

ZM2376

ソフトウエア

ZM2376は以下のソフトウエアを標準で添付しています。

 

アプリケーションソフトウエア

各種測定条件の設定や測定データの取得・表示が可能なソフトウエアが標準で添付されています。
CSVファイル形式で測定データを取得できますので、研究開発における膨大なデータの処理に便利です。また、周波数スイープ測定により、インピーダンス-周波数特性の測定に対応します。

メイン操作画面

 

メイン設定画面

▲メイン設定画面

 

グラフ表示画面

▲Excelを用いたグラフ表示

測定例
   

100μF電解コンデンサ

▲100μF電解コンデンサ

 

 2MHz水晶振動子(共振点付近)

▲2MHz水晶振動子(共振点付近) 

フィルムコンデンサ2.2μF

▲フィルムコンデンサ2.2μF

 

インダクタ 1mH

▲インダクタ 1mH

 

動作環境

  OS:Windows 7(32ビット版/64ビット版)、Windows XP(32ビット版)、Windows Vista (32ビット版)

   インタフェース:USB

  (設定や測定データをXLS形式で保存するには、Microsoft Excel 97以降が必要です)

 

IVI計測器ドライバ

 ZM2376の主要なコマンドやクエリを扱うドライバで、各種のプログラミング言語で利用できます。

LabVIEWのシステム上で、IVIからLabVIEW計測器ドライバを自動生成できます。 

サンプルプログラム (C#、VB.NET)

C#、VB.NETなどのプログラミング言語で、各種インタフェースを用いて、ZM2376を制御する例を示します。