株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

回路素子測定器

LCRメータ

ZM2376

特長

広い測定周波数範囲と高分解能設定

1mHz~5.5MHzの周波数範囲をカバー。その上、6桁分解能で設定できますので、さまざまな部品を実際に使用される周波数で測定できるほか、パラメタの周波数依存性の評価なども可能です。

広い測定レベルとALC機能

10mVrms~5Vrms/1μArms~200mArmsの測定信号レベルを3桁の分解能で設定可能です。また、ALC(自動レベル制御)機能により、定電圧/定電流駆動を設定できますので、試料の電圧/電流依存性を考慮した安定した信号レベルで、再現性の高い測定が可能となります。

高速測定

測定時間は、RAP (Rapid), FAST, MED (Medium), SLOW, VSLO (VerySlow)の5段階切換え可能。RAPを選択すると、2ms(1kHz/1MHz)、10ms(120Hz)の高速測定を実現します。高速かつ高精度のLCRメータは、生産ラインや自動検査装置の測定効率の向上に貢献します。

高精度

基本確度0.08%、表示分解能最大6桁の高精度な測定を実現。信頼できる測定は、最先端デバイスの開発か
ら検査ラインの部品選別まで、性能や品質の向上に不可欠です。

DCバイアス電圧

0~+5VのDCバイアス用電源を内蔵し、電解コンデンサなどの有極性部品の測定に対応します。また、リチウムイオン電池(単セル)の高速インピーダンス測定も可能です。

DCバイアス電圧

直流抵抗(DCR)測定

コイルやトランスの巻線抵抗など、直流抵抗の測定が可能です。主パラメタにインダクタンス、副パラメタに直流抵抗の測定値を同時に表示することができます。

コンタクトチェック機能・低容量チェック

異常な低容量や電圧・電流の異常を検知し、ほとんど追加時間なしでコンタクト不良を検出します。

トリガ同期駆動

コンタクトしている期間だけ試料を駆動することができる機能です。大容量コンデンサ測定時に、試料の付け外しによるコンタクト損傷を低減することができます。履歴特性を持つ試料の場合、短時間で測定すると測定値が大きくばらつきます。トリガ同期駆動を使うと、各試料に加わる駆動信号と取得される信号の時間および位相関係が一定になり、測定値のばらつきが抑えられ、測定時間を大幅に短縮することができます。

偏差表示

測定する部品に表示された値をあらかじめ設定し、プリセット値からの偏差、偏差%を表示できます。部品の許容差の規格値に対する合否判定や温度特性試験などで有用です。

コンパレータ

主パラメタは最大14個のBINに分類、副パラメタでは設定した上下限値1組の測定結果を選別することができます。測定値、偏差または偏差%による選別が可能で、判定結果は、ハンドラインタフェースに出力されます。また、判定結果に応じて、ビープ音を鳴らすこともできます。リモート制御では、リミット判定機能を用いて、主パラメタ・副パラメタの上下限値(各1組)に対して判定することも可能です。(複数のBIN判定は無効です。)

マルチ測定

マルチ測定は、ひとつの試料を最大32ステップの測定条件で測定し、総合的な合否判定を行う機能です。ステップごとに測定周波数、測定信号レベル、内部DCバイアス、測定パラメタなどの複数の条件を設定し、主パラメタの上下限値1組、副パラメタの上下限値1組に対して測定とリミット判定を行います。
 

多彩な機能

補正機能(オープン補正、ショート補正、ロード補正、ケーブル長補正)
設定・補正値メモリ(32組、不揮発性メモリに保存して切換え可能)
モニタ表示(電圧・電流)
放電保護