LCRメータを用いた電子部品の測定

~各種パラメタを正確に測定するには~

LCRメータで電子部品を測定する際に問題となる「試料との接続」と「誤差の補正」について取り上げています。
これらの問題に対する注意点をはじめ、LCRメータの原理や具体的な測定例などを詳しく解説した資料です。
実際の計測にお役立てください。

目次

LCRメータの測定原理

  • 測定原理
  • LCRメータの構造
  • 測定パラメタ
  • 等価回路
  • 測定における問題点

試料との接続と誤差

  • 接続方法
    (2端子法/3端子法/4端子法/5端子法/4端子対法)
  • 接続ケーブル
  • 接触不良のチェック
  • テストフィクスチャ、テストリード
  • 誤差を補正する (ゼロ補正/ロード補正)
  • ケーブル長の影響

その他の誤差要因とその対策

  • 電源周波数による妨害
  • 試料の非線形性
  • 並列運転による相互干渉
  • 部品の安定度
  • 接地とシールドによる対策

実際の測定例

  • Cの測定例「低ESR電解コンデンサの特性」
  • Lの測定例「コア入りトランスのインピーダンス測定」

LCRメータを壊さないために

  • コンデンサは放電してからつなぐ
  • 直流バイアス電流を流して測る
  • 電池のインピーダンスを測る

LCRメータの応用測定

  • スキャナを使う
  • 回路中の素子を測る
  • M (相互インダクタンス) を測る
  • 長いシールド線の容量を測る
  • 部品を分類・選別する
  • 自動検査・選別機とつなぐ 
  • 校正

計測お役立ち情報 『LCRメータの機能と正しい使い方』

LCRメータを使って電子部品を測定する時の「試料の接続方法」と「誤差の補正方法」のポイントをご紹介していますので、ご覧ください。

計測器専門情報サイトで当社LCRメータが紹介されました

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける