バタワース特性

  • Butterworth Character     
  • 巴特沃斯特性     
  • 버터워스특성

フィルタの設計や構成が容易なもっとも一般的なフィルタ特性。
通過域が他の特性のフィルタに比べて平坦に設計できるので、「最大平坦」とか「マックスフラット」などと呼ばれる場合がある。2次系バタワース特性フィルタの場合、選択度Qを1/ 2にしたときにもっとも通過域が平坦となる。減衰傾度は次数×6dB/octとなる。
通過域の平坦性が重視される場合や、設計・構成を簡単にしたい(調整したくない)ときに使われる。
周波数-位相特性が平坦ではないため、遮断周波数付近の周波数成分を含むパルス波形を通すとひずむ。

特徴

  • 設計・構成が容易
  • 通過域が平坦
  • 減衰傾度=次数×6dB/oct

用途

  • 通過域に平坦性が必要な場合
  • 設計や構成を簡単にしたい場合
  • 分離したい信号の周波数帯が比較的離れている場合(10倍程度)
4次系フィルタの振幅特性比較:GAIN (dB)=0付近を拡大
4次系フィルタの振幅特性比較
4次系フィルタのステップ応答特性比較

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける