V3φ・I3φリレーテスタAs-288

As-288

各種計器、トランスデューサの試験に最適な大出力信号発生器。

シンセサイザ方式による発振器を内蔵した電圧三相・電流三相出力の信号発生器です。
電力出力タイプですので、各種発電機のAVRリレー試験、各種計器・トランスデューサの試験のほか、平衡三相電力量計試験の信号源としてもお使い頂けます。

  • 出力周波数範囲:1.00Hz~500.00Hz
  • 三相線間電圧:0~220Vrms
  • 電流出力(0~9.995A)Y結線、Δ結線、各々単独出力可能
  • 位相可変機能:V1相を基準に電流出力の I1相を0~360°可変
  • ライン周波数同期、外部同期、本器間の同期運転可能
  • 専用のブースタ 三相定電流増幅器 As-289で各相約30Aまでの出力可能
  • 小型・軽量:23kg
  • GPIB/RS-232C(オプション)

オプション・周辺機器

型名/品名価格備考
As-289
三相定電流増幅器
お問合せください

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける