サーボアナライザFRA5014

FRA5014
  • FRA5014 ¥1,280,000(税抜)

概要

サーボループ用部品の共振特性測定に。

生産ラインやシステムの組み込み用 4チャネル入力 サーボアナライザ 

FRA5014は、生産ラインやシステムの組み込み用に考えられた4チャネル入力のサーボアナライザです。
リモート制御専用で、パラメタの設定や読み出し、コマンド入力など、操作はPCを介して行います。もちろん、高精度な測定を実現するエヌエフならではのハイスペックをしっかり搭載。サーボループ用部品の共振特性測定をはじめ、各種サーボ特性測定や電気化学インピーダンス測定など、電子回路・部品・材料、電気化学、機械…分野のさまざまなシーンに、高精度で確かな測定を提供します。

主な特長

  • 測定周波数 0.1mHz~100kHz
  • 振幅精度 ±0.05dB、位相精度 ±0.3°
  • ダイナミックレンジ 120dB以上
  • 入出力アイソレーション電圧:42Vpk
  • 4チャネル同時測定
  • リモートコントロール・データ表示用ソフトウエア
  • 組み込み用薄型サイズ(高さ88mm, 2U)

テクニカルガイド

FRAの仕組み

特長

主な特長

利得精度 ±0.05dB、位相精度 ±0.3°

ディジタルフーリエ演算方式と自己校正機能により、常に高精度な測定を実現します。

測定周波数 0.1mHz~100kHz

サーボループ用部品の共振特性測定、メカトロ系サーボ解析、電気化学測定などに好適な周波数範囲をカバー。幅広いアプリケーションに対応可能です。

ダイナミックレンジ 120dB以上

オートレンジングと高分解能A/D変換器により広いダイナミックレンジを確保。入力レベルの大きな変化に対しても、確実に測定を行います。

入出力アイソレーション電圧:42Vpk

発振器出力と分析部各入力は、筐体および入出力間で絶縁されているので、サーボループ測定における信号注入が容易で、誤った接続による機器の破損や誤差の発生を未然に防ぐことができます。

4チャネル同時測定

分析入力部は4チャネル。全チャネル同時に測定できますので、詳細な分析や作業時間の短縮が可能です。

リモートコントロール・データ表示用ソフトウエア

測定の設定・制御と測定データのグラフ表示を行うソフトウエアを標準で添付。

組み込み用薄型サイズ(高さ88mm, 2U)

高さ88mm(2U)の薄型筐体は省スペースで、ラックシステムへの組み込みに適しています。

データ表示ソフトウェア

測定の設定・制御と測定データをパソコンに取り込み、グラフ表示するソフトウェアを標準で添付。多彩なグラフ表示のほか、測定データをCSV形式で保存することも可能です。

動作環境

  • OS:Windows 8.1/10 (32bit / 64bit) 日本語版/英語版
  • HDD空き容量:50MB以上
  • .NET Framework 4.0がインストールされていること
  • CD-ROMドライブ必要(インストール時に必要)
  • ディスプレイ: 1024×768ピクセル以上

LabVIEWドライバ

LabVIEW*用計測器ドライバです。
FRA5014のプログラムメッセージの詳細に煩わされることなく、アプリケーションを構築できます。

  • LabVIEWは、日本ナショナルインスツルメンツ株式会社の登録商標です。

アプリケーション

  • ビデオカメラ等の手ぶれ補正に使用する圧電素子(圧電ジャイロ、超音波モータ)の共振特性測定・検査
  • ビデオカメラ等の手ぶれ補正機構のサーボ特性測定・検査
  • 圧電素子の共振特性測定・検査
  • 各種サーボモータのサーボ特性測定・検査
  • その他、各種電子回路・部品・材料、機械の周波数特性測定

仕様
外形寸法

仕様

外形寸法

外形寸法
単位:mm

付属品
オプション

付属品

  • 電源コードセット(3極、2m)
  • 取扱説明書
  • CD-ROM(データ表示ソフトウエア、LabVIEWドライバ、サンプルプログラム、取扱説明書(PDF形式))
データ表示ソフトウェア
データ表示ソフトウェア

オプション

型名/品名価格備考
PA-001-0370
シャント抵抗
¥65,000(税抜)主電源に直接接続された回路の測定には使用できません。

ダウンロード

関連計測お役立ち情報

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける