ベクトル検波ボードVD-291F2 / VD-291F3 / VD-291F4

VD-291F2 / VD-291F3 / VD-291F4
  • VD-291F2 ¥185,000(税抜)
  • VD-291F3 ¥180,000(税抜)
  • VD-291F4 ¥195,000(税抜)

概要

ロックインアンプの心臓部をワンボード化。

ベクトル検波ボードは、当社の位相検波器モジュール CD-552R2/CD-552R3/CD-552R4を用いて、直交位相検波の結果から入力信号の参照信号と同期した成分の振幅と位相を算出し、アナログ電圧として出力するユニットです。雑音除去能力を備えているので、ノイズが重畳した信号から振幅・位相を検出することもできます。

  • 直交検波による振幅、位相の計測が可能
    振幅出力分解能 2.5mV、 位相出力分解能 0.1°
    位相出力分解能 0.1°
  • 広帯域
    検波周波数 1kHz~200kHz/10kHz~2MHz
  • ボード化により、多チャネルの組込み用途に対応

アプリケーション

  • 半導体レーザ分光を用いたガス検出装置の検波部分として
  • レーザによる距離 (厚み) 検出器の位相検波部分として
  • 多チャネルロックインアンプの直交位相検波部分として

仕様

ダウンロード

カタログ

資料

関連技術用語集

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける