株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

プログラマブル交流電源

DPシリーズ

 

外部信号入力

 

外部信号を入力して出力する、4つの機能を装備。電源としての応用範囲をさらに広げます。
● SYNC:内部信号源の周波数を外部信号に同期
● VCA  :出力電圧設定を外部の直流信号で制御
● EXT* :外部信号を増幅し、パワーアンプとして使用
● ADD* :内部信号源に外部信号源を加算
*多相システムおよびマルチ相モデルの多相出力では使用できません。
  外部信号入力設定
▲外部信号入力設定

 

設定内容

  • SYNC(外部同期信号入力)
    同期信号源切換え:外部同期信号(EXT)または電源入力(LINE)
    同期周波数範囲:40Hz~500Hz
  • VCA(電圧設定信号入力)
    利得設定範囲:100Vレンジ 0.0~220.0倍、200Vレンジ 0.0~440.0倍
    設定分解能:0.1
  • EXT およびADD (外部信号入力)
    利得設定範囲:100Vレンジ 0.0~220.0倍、200Vレンジ 0.0~440.0倍
    設定分解能:0.1
    入力周波数範囲:DC~550Hz(正弦波)、DC~100Hz(正弦波以外)

 

アプリケーション

  • SYNC:商用周波数とのビート障害を排除する場合に有効
  • VCA:外部のアナログ直流信号による出力電圧の自動制御(滑らかな変化が可能)
  • EXT:外部信号を増幅するアンプとして利用可能
  • ADD:波形重畳による電源異常のシミュレーション