株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

 

電源製品お役立ち情報 

電源電圧について

電源ラインのトラブルと解決方法

電源ライン、実は不安定?

日本の電力事情は、世界的に見てもトップレベルの品質です。しかしながら実際には、同じ電源ラインで様々な電気・電子機器が電力を共有しているケースが多く見られます。最も身近な例は、テーブルタップを使用したタコ足配線です。
このように多数の機器が同時に動作している環境では、供給される電圧が不安定なったり、電圧波形がひずんだりする場合があります。 

電圧波形のひずみについて 

電源ラインの電圧波形のひずみは、テスタなどで測定しても発見が難しく、トラブルの原因となる可能性があります。

よくある電源電圧波形の変化

フラットカーブ波形

電圧のピークが潰れたように見える波形

 

オーバースイング波形

高調波により電圧にひずみが発生した波形

フラットカーブ波形

 

 

オーバースイング波形

 

【発生する条件】
・電圧ピーク付近で電流が流れる
・同じ系統に多数の機器が繋がっている
・モータなど突入電流の大きな機器を使用中
  【発生する条件】
・高調波電流による影響
・負荷からの高周波成分の影響
  • 機器の動作が不安定になる可能性があります。
 
  • 電子機器の共振や誤動作が起こる可能性があります。

上記のような電源波形は、精密な測定を伴う施設や設備などでは、機器の動作だけではなく測定結果に影響が出ることもあります。

トラブルを未然に防ぐため、「入力-出力」が絶縁されている交流安定化電源を使用し、電源環境を改善することをおすすめします。

 電源環境改善によるSTM(走査型トンネル顕微鏡)の画質改善の例

写真は、一辺200ナノメートル。空気中で保存しておいた金(Au)の表面に吸着物がある画像です。

安定化電源を使用し、電源ラインから絶縁することで画像のノイズが消え、画質が改善されたのが判ります。

 

安定化電源 使用前

 

安定化電源 使用後

画像にノイズがのっている

arrow_bluearrow_bluearrow_blue

画像からノイズが消えている

 

 

画像からノイズが消えている

  

 ※ノイズの要因は電源ラインのみとは限らないため、必ず画質が向上するものではありません。 

 

低ノイズ・低ひずみの交流安定化電源

プログラマブル交流電源 ECシリーズ(単相 750VA/1kVA)

プログラマブル交流電源 DPシリーズ(単相 1.5kVA~三相144kVA)