販売終了
高周波連続可変フィルタ3660A

3660A
  • 3660A ¥1,500,000(税抜)

概要

VHF可変ローパスフィルタ

移動通信システム、記録媒体の信号処理に。

3660Aは最高周波数100MHzの超広帯域なローパスフィルタです。
減衰傾度は48dB/octと急峻で、遮断周波数を自由に設定できるので、ハードディスクや光ディスクなどの高速パルス信号やビデオ信号、超音波信号などの帯域制限、信号分離、雑音除去などに使用できます。

  • 遮断周波数可変範囲:1MHz~100MHz (最大平坦時)、2桁設定
  • 急峻な減衰傾度 48dB/oct
  • 入力アンプ利得 1, 2, 5, 10倍切換え
  • THRUモードで、DC~100MHzのプリアンプ(利得1~10倍)/バッファアンプとしても使用可能
  • 位相直線型の群遅延リプル:5ns以下

特性図

図1 LPF(MF)振幅特性、群遅延特性
図2 LPF(PF)振幅特性、群遅延特性

アプリケーション

  • 移動通信システムW-CDMA/CDMA 2000のベースバンド信号の処理に
  • 光ディスク、光磁気ディスク(MO)、ハードディスク(HD)などのリード/ライト試験時のノイズ除去に
  • ハイビジョン・テレビ(HDTV)ビデオ信号のフィルタ処理に
  • ディジタル信号のノイズ除去

仕様
外形寸法

仕様

外形寸法

単位:mm

付属品

  • 取扱説明書  1
  • 電源コード (3ピン, 2m)  1
  • ヒューズ (2A, 250V, φ5.2×20mm)  1
  • 信号ケーブル (BNC-BNC, 50Ωもしくは75Ω, 1m)*  3
  • 受注時指定による入出力インピーダンスによって信号ケーブルが異なります。

関連技術用語集

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける