低損失シミュレーション電子負荷As-513

As-513

概要

UPSやインバータの負荷試験に。

高調波電流など、各種非線形負荷をシミュレーション。

本器は、交流電源や電力機器の負荷試験で使用していた抵抗やインダクタ, キャパシタ, 擬似回路網などに代わる電子負荷装置です。
抵抗値、電流値、位相 (力率) を設定して各種負荷を、また、任意の電流波形を設定して高調波電流などの線形・非線形負荷をシミュレーションできます。
電力回生回路とスイッチング方式の電力増幅器を採用し、システムの試験電力と発熱量を大幅に低減できます。

  • 抵抗モード、定電流モードの2つの動作モード
  • 電流波形を任意に設定して高調波電流などの非線形負荷をシミュレート
  • 電流の位相設定が可能
  • 交流、直流で動作
  • 電力回生で消費エネルギーを低減
  • マスタ・スレーブ動作により三相試験が可能
  • ブースタの接続によりパワーアップ可能
  • 外部インタフェースにより試験の自動化に対応

仕様

負荷部

電圧レンジ 100V/200V
最大入力電圧 150Vrms/300Vrms, ±212V/±424V
最大入力電流 20Arms/10Arms (40Hz~100Hz, 電圧・電流の位相差は±90度以内), ±9.0A/±4.5A (DC)
入力電力 2kVA

負荷特性

抵抗モード
設定抵抗値 0.1~400Ω/0.2~800Ω, 最大入力電流以内
分解能 0.1Ω/0.2Ω
定電流交流モード (内部同期発振器使用)
設定電流範囲 44Apk/22Apk (任意波), 20Arms/10Arms (正弦波)
設定分解能 0.1A
位 相 -90度 (遅れ) ~ 0~+90度 (進み) (20~300Hz)
力率設定 -0 ~1~+0 (20~300Hz), 正弦波のみ
波 形 正弦波、三角波、方形波、任意波 (外部より設定)
定電流直流モード
設定電流範囲 +9.0A/+4.5A (DC)
設定分解能 0.1A
重畳交流 設定ピーク値は直流設定電流値以下
波 形 正弦波、三角波、方形波、任意波 (外部より設定)

計測表示

電 圧 480V FS
電 流 50A FS

外部インタフェ-ス

インタフェース GPIB, RS-232C

ブースタ

ブースタ 4台まで増設可能 (単相10kVA, 三相30kVAまで)

一般事項

電源入力 100V/200Vレンジ, 90~132V/180~250V, 48~62Hz
消費電力 600VA 電源入力から受け取る電力(定格時約1200VAの電力が回生)
回生方式 電流制御形(回生電流を電源入力電圧と同位相に制御)

ダウンロード

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける