株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報:計測講座 

    電流源
    定電圧電源と定電流電源

 

直流電源は負荷(対象物)に電力を供給しますが、電力一定ではなく、電圧もしくは電流どちらかを一定にして電力を供給します。一定の電圧を加える定電圧電源(電圧駆動)と、一定の電流を加える定電流電源(電流駆動)があり、それぞれ直流電源のCV(Constant Voltage)モードとCC(Constant Current)モードに対応します。
     1. 定電圧電源(CVモード)
負荷に一定の電圧を供給する方式でICや多くの回路で使用されます。この方式では、負荷のインピーダンス(V-I特性)によって流れる電流が決まります。

設定する電圧をVset、負荷のインピーダンスをZとすると、流れる電流Iload

 

(1)

 

と表せます。定電圧電源は供給可能な最大電流(Imax)が決まっているので、式(1)でImax < Iloadとなる負荷のインピーダンスZだと、電流値がImaxで制限されます。このとき、負荷に印加される電圧は

 

(2)

 

となります。

 

img01

 

 

 

   

2. 定電流電源(CCモード)

 next

 

 


 

 

    関連製品(電圧電流変換モジュール)のご紹介