株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報:計測講座 

I/Vアンプ(電流/電圧変換増幅器)

一般的な電圧アンプ(電圧/電圧増幅器)ついて解説しています。

 

 

     1.片線接地(Single-Ended)と差動(Differential)
プリアンプには、信号入力端子が1個の物と、正負1個ずつで計2個の物があります。
入力端子が1個の物は、接地電位(グラウンド、GND)との電位差を増幅するもので、 片線接地(シングルエンド、Single-Ended)方式と言います(図中 a)。 同軸端子(BNCコネクタ、SMAコネクタなど)の場合は、芯線側が信号線で、外皮側が接地電位です。
一方で、正負入力を持つものを差動(Differential)方式と言います。 これは正入力(+)と負入力(−)との差分を増幅するものです(図中 b)。 なお、差動入力の片方を接地電位に接続すると、片線接地と同じ方式になります(図中 c)

 

img01

 

 

片線接地と差動、差動で片線接地の3通りについて一般的な違いを表1に纏めました。

表1

方式

片線接地

差動

差動で片線接地

入力配線

信号線が1本で済む

信号線が2本必要

信号線が1本で済む

信号線の距離

短距離に限る

長距離にも対応

短距離に限る

コモンモードノイズ

影響を受ける

軽減が可能

影響を受ける

増幅極性の反転

不可能

可能

可能

 

 

 

2.コモンモードノイズの影響

 next

 


 

関連製品

sa600

 

超低雑音増幅器 SAシリーズ

超低ノイズ・優れた安定度・広帯域の極微少信号検出用プリアンプ 

  • 低雑音
    負帰還技術を応用した当社独自の回路を採用
    SA-230F5:入力インピーダンス50Ωにおいてノイズフィギュア 0.6dB、入力換算雑音電圧 0.25nV/√Hz 
  • 広帯域
    DCを含む低周波 (SA-200F3/410F3) から100MHzを超える高周波・高速信号 (SA-220F5/230F5/430F5) まで、広い周波数帯域をカバー。
  • 信号源にあわせた入力形式
    シングルエンド(片線接地)入力、シングルエンドFET 入力、差動入力、差動FET 入力 
詳細   特設サイト