株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報:計測講座 

title

    直流電源装置の回路方式と特長

 

ここでは、商用ラインを入力とする直流電源装置(AC-DC電源)について記述します。
直流電源装置には大きく分けてスイッチング方式とリニア方式があります。
一般的にスイッチング方式は、小型で高効率ですが雑音が大きく、一方でリニア方式は、効率は良くありませんが低雑音なことが知られています。

 

表1 方式の違いによる性能差

 

雑音性能

効率

体積

重量

スイッチング方式

悪い

良い

小さい

軽い

リニア方式

良い

悪い

大きい

重い

 

したがって、用途によって適切な電源を選択する必要があります。例えば、微小信号測定などに使用する“アンプの電源”や“センサのバイアス源”としては、低雑音·高安定を実現できるリニア電源が適切です。
当社では微小信号測定機器の一部として、リニア電源の中でも非常に低雑音かつ高安定なLPシリーズ電源を販売しています。

 

     1. スイッチング方式
スイッチング方式はスイッチングデバイスのオン抵抗による損失などがありますが、効率は80%以上の高効率を実現する物も多く存在します。また、高周波トランスは扱う周波数が高いので小型化することが可能です。
しかし、スイッチングによる雑音(スイッチング周波数とその高調波成分)が出力に現れてしまい、リニア方式と比較すると雑音性能が良くありません。
※ 一般的にスイッチング周波数は20k~1MHz程度です。

 

図1 スイッチング方式定電圧電源装置 概略回路

img01

 

 

 

 

   

2. リニア方式

 next

 


 

関連製品

lp5394

 

低雑音直流電源 LP5394

精密計測分野に。低雑音を極める 直流電源

  • 低雑音 出力雑音電圧:10μVrms以下 typ. (帯域幅10Hz~20MHz)
  • 低ドリフト 出力電圧安定度:10ppm/℃ typ.
  • 出力電圧:0〜±15V
  • 出力電流:最大0.1A
  • 10回転ポテンショメータにより、出力電圧を精密に調整可能
  • 1/4ラックサイズでラック組込みに対応し、多チャネル化も容易 
詳細   特設サイト