株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報:計測講座 

title

    直流電源装置の回路方式と特長
     2. リニア方式
リニア方式はシリーズレギュレータによって低雑音な安定した出力を供給できますが、入出力の電圧差をすべて熱として消費するので効率は良くありません。シリーズレギュレータにはバンドギャップ型やツェナー型などがあり、出力電流·雑音性能·安定性に各々の特徴があります。
また、商用ライン入力を変圧するトランスは一般的に大きく重い場合が多く、熱の放出のためシリーズレギュレータに大きなヒートシンクが必要となります。

 

図2 リニア方式定電圧電源装置 概略回路

img02

 

 

 

 

next 

1. スイッチング方式

3. 方式による雑音性能差

 next

 


 

関連製品

lp5394

 

低雑音直流電源 LP5394

精密計測分野に。低雑音を極める 直流電源

  • 低雑音 出力雑音電圧:10μVrms以下 typ. (帯域幅10Hz~20MHz)
  • 低ドリフト 出力電圧安定度:10ppm/℃ typ.
  • 出力電圧:0?±15V
  • 出力電流:最大0.1A
  • 10回転ポテンショメータにより、出力電圧を精密に調整可能
  • 1/4ラックサイズでラック組込みに対応し、多チャネル化も容易 
詳細   特設サイト