株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報:計測お役立ち情報

プリアンプとフィルタの使い方

最適なプリアンプとフィルタの選び方

音、光、振動、圧力、温度などあらゆる現象は、センサで電気信号に変換されることにより、計測・分析・制御が可能となります。
現象が微少であれば、センサから得られる電気信号は小さくなるため、信号を増幅する必要があります。
小さな信号はノイズの影響を受けやすく、たとえばセンサ自身の発生するもの、センサやその電源や出力ケーブルに飛び込むもの、アンプが発生するもの、アンプの出力側に飛び込むものなどなど、計測はさまざまなノイズとの戦いといっても過言ではありません。

 

ノイズ
 

そこで・・・ 

  • センサとアンプ間ではケーブルをできるだけ短くする
  • シールドを施す
  • 差動入力を検討する

など、ノイズを受けつけにくい方法を採用します。
また、

  • ノイズの発生をできるだけ抑えたアンプを使用し、

さらに、

  • フィルタを用いて必要以外の周波数帯域の信号やノイズをカットする

ことが必要となります。

 

この特集では、これらのノイズ対策のうち、自らの発生するノイズが少ないプリアンプと、不要な信号を適切に除去するフィルタをご紹介します。
正しい計測に不可欠なプリアンプやフィルタですが、計測の前処理に使用するものなのに、設計や調整が面倒なため、余分な手間がかかってしまう・・・ということがありませんか?
ここで取り上げるプリアンプとフィルタは、電源とわずかな部品を準備するだけで、特に電気の専門でない方でも簡単に使用できるものです。 手間をかけない高精度な信号前処理を、実現できます。


ここからは、プリアンプとフィルタを分けて説明します。
ご覧になりたい方をクリックしてください。