株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報:計測お役立ち情報

LCRメータの機能と正しい使い方

技術資料『LCRメータを用いた電子部品の測定』

~各種パラメタを正確に測定するには~

LCR 技術資料 この特集では、LCRメータで電子部品を測定する際に問題となる「試料との接続」と「誤差の補正」について取り上げています。

ご紹介している以外にもさまざまな誤差要因があるほか、LCRメータ自身が破損してしまうなどの問題もあります。

これらの問題に対する注意点をはじめ、原理や具体的な測定例などを詳しく解説した資料をご用意しています。この機会に是非ご請求なさって、計測にお役立てください。

 

 

内 容

 

LCRメータの測定原理

  • 測定原理
  • LCRメータの構造
  • 測定パラメタ
  • 等価回路
  • 測定における問題点

試料との接続と誤差

  • 接続方法
    (2端子法/3端子法/4端子法/5端子法/4端子対法)
  • 接続ケーブル
  • 接触不良のチェック
  • テストフィクスチャ、テストリード
  • 誤差を補正する (ゼロ補正/ロード補正)
  • ケーブル長の影響

その他の誤差要因とその対策

  • 電源周波数による妨害
  • 試料の非線形性
  • 並列運転による相互干渉
  • 部品の安定度
  • 接地とシールドによる対策

実際の測定例

  • Cの測定例「低ESR電解コンデンサの特性」
  • Lの測定例「コア入りトランスのインピーダンス測定」

LCRメータを壊さないために

  • コンデンサは放電してからつなぐ
  • 直流バイアス電流を流して測る
  • 電池のインピーダンスを測る

LCRメータの応用測定

  • スキャナを使う
  • 一端が接地された試料を測る
  • 回路中の素子を測る
  • M (相互インダクタンス) を測る
  • 長いシールド線の容量を測る
  • 部品を分類・選別する
  • 自動検査・選別機とつなぐ 
  • 校正