株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報:計測お役立ち情報

クロックシンセサイザの特長とアプリケーション 

使用例:次世代通信機器 

次世代移動通信システムのクロック源として

次世代移動通信システム (W-CDMA, cdma2000, MMACなど) の複数の送・受信機に分配しているクロックは、同期をとることになっています。
今までは、セシウム/ルビジウム周波数標準器の信号を、外部基準入力を装備した高価なRFシンセサイザに入力し、その正弦波出力をクロック波形に整形して使っていました。

クロック源

  • 500MHz クロックシンセサイザ CK 1620の外部クロック入力に、外部周波数標準器の基準周波数を与えることにより、基準周波数に同期した高確度なクロック信号を、安価で得ることができます。
    また、「高確度周波数基準オプション」により、外部周波数標準器を使用せずに±0.1ppmの高確度なクロック信号を得ることも可能です。  

 

 

その他のアプリケーション

コンピュータ周辺機器