株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

 

技術情報:計測お役立ち情報

高速バイポーラ電源の特長と活用

Tips:高速に電流を変動できる負荷にするには??

電圧の向きにかかわらず、電流の出し入れができるバイポーラ電源は、アクティブな負荷を構成することができます。適当な抵抗値を介して評価対象物と接続すれば (図K)、評価対象物とバイポーラ電源の電位差に応じて電流が流れます。(図L)
バイポーラ電源をファンクションシンセサイザで駆動すれば、激しく変動する負荷としても、ゆっくりと変動する負荷としても使うことができます。 

図K図K 接続例

 

図L

図L 電流が流れる向き