株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報:計測お役立ち情報

高速バイポーラ電源の特長と活用

高速バイポーラ電源の活用例

バイポーラ電源は、リアクタンス性の負荷を駆動するのに最適です。リアクタンス性負荷とその用途は、次のようなものが挙げられます。
印の用途については、この特集の中で詳しくご紹介しています。是非ご覧ください。

 

コンデンサ 電解コンデンサ、フィルムコンデンサの高周波リップル試験用電源
コイル・トランス 実駆動時のインダクタンス、リーケージインダクタンス測定用電源
圧電素子 共振特性測定、変位特性測定用電源
動的インピーダンス測定用電源
圧電インバータの駆動用電源
超音波モータの駆動用電源
磁性体 フェライト、アモルファスのB-Hカーブ測定用電源
モータコア、偏向ヨークのB-Hカーブ測定用電源
ディスプレイ・デバイス ディスプレイの駆動用電源 (EL, FED等)
その他 インクジェットヘッドの評価用駆動電源
エコーネット用デバイスの評価用高周波電源
漏電ブレーカ高周波試験用高周波電源
擬似AE源駆動用電源
さらに・・・

高速なバイポーラの特性を利用して、負荷装置としても使えます。

 『高速に電流を変動できる負荷にするには??』 をご覧ください。