株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報

技術用語集

立ち上がり/立ち下がり時間

立ち上がり/立ち下がり時間

  • Rise Time / Fall Time
     (Leading Edge Time / Trailing Edge Time)
  • 上升/下降沿时间 
  • 상승/하강시간

 

立ち上がり時間という用語は多くの分野で使われているが、ここではパルス用語として説明する。

JIS C 0161(EMCに関するIEV用語)では次のように定義されている。 

 

パルスの瞬時値が最初に規定した下限値に到達し、その後規定された上限値に到達するまでの時間間隔。

注:特に規定されていない場合、下限・上限値はピーク値の10%及び90%に固定とする。

図1

図1 立ち上がり時間 tr の定義

 

アンプなどの立ち上がり時間 tr は、パルス信号を入力して出力波形から算出することができる。

              式1

                   ここに、tr:アンプの立ち上がり時間

                           tr1:入力パルス信号の立ち上がり時間

                           tr2:出力パルス信号の立ち上がり時間

 

図2

図2 立ち上がり時間 tr の測定

 

アンプなどの立ち上がり時間と周波数帯域幅は、一般に次の式で関係付けられます。

立ち上がり時間=0.35/周波数帯域幅

例えば、周波数帯域幅1MHzのアンプの立ち上がり時間は概ね0.35μsとなります。

この式は、オシロスコープで観測した方形波応答波形から、アンプの周波数帯域幅を推測するのにはとても便利です。

この関係式の値は、1次のLPFのステップ応答であるイクスポネンシャルカーブの式から簡単に求めることができます。

周波数帯域幅100MHzのオシロスコープの最速立ち上がり時間もこの式から3.5nsと求まります(オシロスコープの応答は1次のLPFとは異なりますが、実用上は十分近い値です)。

なお、立ち上がり時間/立ち下がり時間は、Leading Edge Time / Trailing Edge Timeと呼ばれることもあります。

 

関連リンク