株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

サービス・サポート

ファンクションシンセサイザ

1915

内蔵ソフトウエアの不具合情報

不具合内容

コントローラ(パソコン)から、GPIBで送られる問い合わせコマンドのデリミタが「CR」のみや「LF」のみの場合は正常だが、「CR+LF」になっていると、1915がその問い合わせに応答しない。
「CR+LF」のときは、EOIと組み合わせても応答しない。

対象製品

ソフトウエアのバージョンナンバーが1.80と1.90の製品

バージョンナンバーの確認方法 対象製品

バージョンナンバーは、[DISP SELECT] キーを押しながら、電源を投入すると表示されます。
取扱説明書 「3.1.2 5) 初期設定」を参照してください。

回避方法

コントローラ (パソコン) 側のデリミタを「CR+LF」以外にする。
(CRのみ、LFのみ等)

対策

根本的な対策をご希望されるお客様には、無償で1915 内部のプログラムをバージョンアップします。
バージョンアップをご希望の方は、お手数ですが下記あてにご連絡ください。

 

【お問い合わせ窓口】

E-mailまたはフリーダイヤルにてお問い合わせください。

計測なんでもHOTLINE