株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

 

電源製品お役立ち情報 

電源機器の配線について

 

 

電源入力の配線と接地

電源機器を安全にご使用いただくため、正しい配線と接地を心がけましょう。

電源入力配線 その前に

電源入力の配線を行う際には、以下の点に注意しましょう。

コンセントや配電盤の供給電力が電源機器の入力定格を満たしていることを確認する。
電源機器本体のメインスイッチがオフであることを確認する。
配電盤と接続する場合は、配線を行う前に配電盤のブレーカをオフにする。

配電盤への接続は製品添付の取扱説明書に従い、必ず専門の技術者が行ってください。  

 


保護接地用端子について

保護接地端子は製品の安全性を確保するため、保護接地と接続しなければならない端子です。

入力配線を行う際は必ず保護接地端子を最初に接続してください。

保護接地端子の配置例

【単相200V入力の機器】

【三相200V入力の機器】

 

単相200V 保護接地端子

三相200V 保護接地端子

保護接地用ケーブルについて

保護接地用ケーブルは、電源の消費電流を考慮した太さのケーブルをご用意ください。 ケーブルの選び方ケーブルの選び方へ 

 

 

コンセントの設置について(日本国内仕様の電源ケーブルの場合)

コンセントで使用可能な機器も保護接地を行う必要があります。電源機器接続の際は、必ず付属の電源ケーブル(2極接 地極付き)をご使用ください。アースコード付 変換アダプタを使用する場合は、変換アダプタのアースコードをコンセントの接地端子に必ず接続してください。

 

【単相100V インレットの機器】

【アースコード付 変換アダプタでの接続】

100Vインレット

 

変換プラグ