株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

直流電源

コンパクト直流電源

特長

CV優先/CC優先モード

CV(定電圧)優先モードとCC(定電流)優先モードを選択できます。コンデンサ、ダイオードなどCVで駆動するとオーバシュートが発生する負荷の場合、CC優先モードを選択すると、オーバシュートを抑制して試験することができます。

LEDを駆動した場合

CC優先モード

CV優先モード

▲CV優先モード

 

▲CC優先モード

 

出力オン/オフ ディレイ

出力のオン/オフに遅延時間を設定できるので、複数の電源を使用するシステムのタイミング試験に対応します。 出力オン/オフのシーケンス制御も可能です。

ディレイ

▲4台使用の場合 

  

外部制御

USB、LAN、GPIB*インタフェースにより、PCやシーケンサからの制御が可能です。また、電圧や抵抗による外部アナログ制御にも対応しています。

  • 外部電圧による出力電圧/電流制御 0~10V
  • 外部抵抗による出力電圧/電流制御 0~10kΩ
  • 外部接点信号による出力オン/オフ制御、シャットダウン制御
  • ステータス出力
  • モニタ出力 電圧/電流( 10Vフルスケール、確度はフルスケールの±1%)

*オプション:PA-001-1864 GPIBアダプタ(GPIB-USB変換アダプタ)

 

出力スルーレート可変

出力電圧/出力電流のスルーレートを任意に設定できます。また、スルーレート制御のオン/オフも選択可能です。コンデンサなど、突入電流が寿命に影響する負荷の試験に有効です。

スルーレート

 

ブリーダ制御

出力端子に並列に接続されているブリーダ回路により、電源オフや負荷を外した際にコンデンサに残る電荷を急速に放電できます。ブリーダ制御は、用途にあわせてオン/オフが可能です。

 

 保護機能

過電圧保護(OVP)、過電流保護(OCP)、過熱保護(OHP)機能を搭載しています。電圧と電流は、定格の10%~110%に設定可能。保護機能が動作すると、出力オフまたは電源スイッチがトリップします。

 

直列・並列接続

マスタ・スレーブ機能により、同一機種を2台直列接続して、出力電圧を2倍にすることができます(定格250V、800Vモデルは除く)。また、最大3台の並列接続により、出力容量を3倍(最大3240W)にすることも可能です。各電源の出力は、マスタ機で一括制御します。

 

リモートセンシング

出力端子から負荷までの配線による電圧降下を補償します。