株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

プログラマブル交流電源

DPシリーズ

 

保護機能

電源投入時の自己診断機能と、通電動作中の保護機能により、電源を安心してご使用いただけます

 

電源投入時の自己診断

  • ROMチェック
  • メモリチェック
    (基本設定メモリ、システム設定メモリ、波形メモリ、シーケンスメモリ、電源変動試験メモリ、調整値メモリ )
  • バージョンチェック
  • システム構成チェック(多相システム時)

通電動作中の保護機能

  • 出力異常(過電圧、過電流)
  • パワーユニット異常
  • 内部制御異常(操作パネルや通信)
  • 周囲温度の上昇や電源電圧の低下による異常
 

異常が発生すると、異常状況をパネルに表示し、出力をオフします。

 

出力過電流に対する保護

電流リミッタ機能と併用すると・・・
  • 異常解除後の自己復帰
  • リミット動作指定時間後に、出力オフなどの設定が可能です。

 

設定範囲制限機能

 

  • 出力電圧の上限と周波数の上限・下限設定を制限し、誤操作等による負荷の故障を未然に防ぎます。

設定画面