株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

回路素子測定器

LCRメータ

ZM2371/ZM2372

特長

高速測定 最速2ms

測定時間は、RAP, FAST, MED, SLOW, VSLOの5段切換え。 RAPに設定すれば、2ms(1kHz)、10ms(120Hz)の高速測定が可能ですので、生産・検査ラインでの部品検査/選別の時間短縮に貢献します。

高精度 基本確度 0.08%、分解能 最高6桁

測定の基本確度は0.08%の高確度、表示分解能は最高6桁、主要測定範囲で5桁の高分解能を実現。生産・検査ラインや研究開発の現場に信頼の精度でお応えします。

高分解 測定周波数 1mHz~100kHz、分解能5桁

1mHz~100kHzの広範囲にわたって、5桁の高分解能で周波数を設定可能。試料の詳細な周波数特性を測定・評価できます。

広い測定信号レベル 最大5Vrms

10mVrms~5Vrmsの広範囲にわたって、3桁分解能で信号レベルを設定できますので、信号レベル依存性の部品などの測定に便利です。

DCバイアス用電源内蔵 最大2.5V

0~+2.5V(分解能0.01V)のDCバイアス用電源を内蔵。電解コンデンサのような有極性部品や半導体の接合容量測定が可能です。

多彩な機能を搭載

  • 定電圧/定電流駆動
    一定の電圧/電流信号を印加することにより、安定した測定が可能
  • DC測定
    トランス・コイル・抵抗器などの抵抗値測定に便利
  • 4端子コンタクトチェック機能(ZM2372のみ) 
    測定先端部と部品間の接触不良を判定して、誤測定・誤選別を防止
4端子コンタクトチェック機能 点線間が導通しているかどうかをチェック
(コンタクトチェック)

コンタクト不良の場合は不良判定

Step1のコンタクトチェック後、点線間を測定
(本測定)

  • コンパレータ
    最大14のエリア(BIN)に分類して選別、上下限判定も可能
  • 偏差測定
    測定部品の定格値をプリセットして、定格値からの偏差を表示
  • トリガ同期駆動
    部品にコンタクトしてから信号を出力、測定時の接点の摩耗を低減
  • 設定・補正値メモリ
    32組の設定条件や補正値を保存/復帰可能
  • インタフェース
    ZM2371:RS-232、USB
    ZM2372:GPIB、RS-232、USB、 ハンドラインタフェース

  背面パネル(ZM2372)

  • アプリケーションソフトウエア
    USBで簡単にPCと接続、測定データを取り込んで自在に解析、周波数特性も測定・表示できます。


▲メイン操作画面


▲データ表示画面

・機能

 

本体の設定、測定値の取り込み・表示、周波数をスイープしての測定、
測定や設定データの保存

・動作環境

 

 

 

OS:Windows 2000 / Xp / Vista / 7(32bit/64bit)

      NET Framework 2.0
HD:64MB以上

メモリ:128MB以上

 
  • LabVIEWドライバ
    他の計測器と接続して制御・モニタ可能