株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

インピーダンス/ゲイン・フェーズ アナライザ

インピーダンス/ゲイン・フェーズ アナライザ

ZGA5920

FRA(周波数特性分析器)の基本をそのままに、解析力・操作性を向上、
測定器のジャンルを超えた新しいツール。

--各種電子材料・電子部品・電子回路の特性を評価する総合解析装置

 

ZGA5920 

▲ZGA5920

ZGA5920 は、インピーダンスとゲイン・フェーズを測定し、その特性や性能を「正確に把握する」ことを目的に開発した総合解析装置です。
研究者・技術者が必要とする“計測情報” を提供するため、再現性の高い測定を実現する“測定環境” を用意しました。
また、測定・解析から、解析結果を使ったシミュレーション、レポート出力やデータ管理まで、PC 感覚の操作で容易に行える優れたユーザビリティも兼ね備え、外部機器との連携やリモート制御、測定支援情報を提供する機能なども装備しました。

On-line 見積

ZGAユーザサイト

 

ZGA5920

¥2,850,000 (税抜)

 

 

 

  • 超低周波領域から測定可能、0.1mHz ~ 15MHz
  • パワーデバイスや高電圧回路の測定に対応、最大入力電圧 250Vrms ダイナミックレンジ 140dB
  • 入出力間アイソレーション、アイソレーション電圧 250Vrms
  • 豊富な測定スイープパラメタと高密度周波数スイープ(周波数、AC振幅、DCバイアス、時間)
  • 測定データの信頼性を向上させる各種機能(オープン・ショート補正機能、イコライズ機能)
  • 振幅圧縮機能(疑似定電流出力測定)
  • 駆動信号増幅用パワーアンプ、測定対象にあわせた治具など、豊富な周辺機器をラインナップ 
  • 測定条件と測定結果のデータ管理機能
  • 繰り返し測定の自動化
  • 試料との接続方法など、測定に役立つ情報を提供する測定支援機能
  • 外部機器との連携(コントロールI/O 8チャネル)
  • データロギング用アナログ信号入力装備
  • ユーザシステムとの連携を可能にするソフトウエア開発者向けキット(SDK)を提供
  • マルチランゲージ対応(日本語、英語)

>特長を詳しく見る

 

 

 Real-Driven Measurement Systems

real-driven measurement systems

電子部品の測定ではLCRメータやインピーダンスアナライザが使用されます。しかし、その測定電圧や電流は一般に数V、数mA程度と小さく、部品によっては印加される電圧が100V以上、10A以上で使用されるものもあり、測定値が実際に使用される環境での特性値と異なることがあります。

 

ZGA5920は、すぐれた性能と豊富な周辺機器で、実際の動作条件での測定を可能にします。

 

詳しく見る右