株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

インピーダンス/ゲイン・フェーズ アナライザ

インピーダンス/ゲイン・フェーズ アナライザ

ZGA5920

特長:自動測定・システム化

  

自動測定

測定信号の自動インクリメントが可能です。周波数、AC 振幅、DC バイアスの増分を設定し、測定の繰り返しを指定することが可能です。また、グラフの重ね描き機能を使って、測定結果を最新16 回分まで表示することができます。
コントロールI/O を介して、外部の機器と連動した自動測定にも対応可能です。 

 

自動測定

 ▲自動測定設定画面

 

自動測定グラフ
▲AC振幅の増分を1Vに設定、測定を5回繰り返した例

 

 

データロガー

入力レンジ±10V のアナログ信号入力を装備しています。
測定にあわせて、温度や湿度などのデータをロギングすることができます。測定開始/終了、出力オン/オフでデータ記録を開始。遅延時間の設定も可能です。
ツールパレットの「アナログ信号入力モニタ」を用いて、データロギング中の入力信号を確認できます。

 

データロガー

 

システム連携 (LAN/コントロールI/O)

LAN およびコントロール I/O を標準装備し、既存の測定器と組み合わせた試験・評価システムを柔軟に構築することができます。

システム構築例

 

 

SDKによるシステムアップ (ソフトウエア開発者向けキット/ユーティリティソフトウエア付属)

ZGA5920ユーティリティソフトウエア
ZGA5920のデータをファイル単位で取り出し、印刷まで可能なPCプログラムです。


ZGA5920ソフトウエア開発者向けキット
一般的なPCプログラミング環境で、ZGA5920 の制御やレシピ、測定結果データ等の授受が可能です。

開発環境
Microsoft 社 Visual Studio 2008 .NET Framework 3.5

開発言語
Visual Basic 2008 / Visual C++ 2008 /Visual C# 2008

 

ユーティリティソフトウエアによるシステムアップ