株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

信号発生器

マルチファンクションジェネレータ

WF1967/WF1968

波形作成例

WAVE FACTORY

WF1967/WF1968の独自の機能を用いた波形例をご紹介

 

 

シンクレータ機能

N倍の周波数を発生する ~逓倍~

シンクレータ機能を用いると、N倍の周波数を発生することができます。

 

<正弦波の場合>

 

1    シンクレータ設定を有効にして、同期発振状態にします。

⇒TRIG IN端子に同期源を供給します。

     
2  

波形はパラメタ可変波形(PWF)→Steady Sine(定常正弦波)→Multi-Cycle Sine(複数周期正弦波)に設定します。 

     
3  

設定したいN倍の値をCyclesに入力します

(整数値) 。

 

※正弦波以外は、N周期分の波形を任意波形として

作成し、その任意波形を利用することで出力可能です。 

 

 

  操作手順
     

 

4相信号

4相信号

サブ出力を用いて位相を90°ずつずらした波形を出力。

動画を見る →

 

 

レゾルバ信号

レゾルバ信号

CH1は正弦波を振幅変調して出力、CH2は変調波の位相差を90°として出力。

動画を見る →

 

ジッタの模擬

ジッタの模擬

方形波を周波数変調、変調信号源をノイズに設定して出力。

動画を見る →

   

 

 

波形作成サービス  

こんな波形を作りたい!・・・
ご希望の任意波形を、お客様に代わって作成するサービスです。

詳しくはこちら →