株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

信号発生器

マルチファンクションジェネレータ

WF1967/WF1968

特長 基本性能・機能

WAVE FACTORY
WF1968 

 最高200MHz、高確度・高分解能

正弦波出力は0.01μHz~最高200MHz、方形波およびパルス波出力は0.01μHz~70MHz の幅広い帯域をカバーしています。周波数確度は±(設定の3ppm+6pHz)で、0.01μHz(50MHz未満)の高分解能設定が可能です。

 振幅分解能 16 ビット

独自の回路構成により、100MHz クラスのファンクションジェネレータにはない16 ビットの振幅分解能を実現。正弦波、方形波、任意波…すべての波形において、スプリアスの少ない信号が得られます。

 

 振幅設定 最大20Vp-p/ 開放

最大出力電圧は、110MHz 以下で20Vp-p。最小設定分解能は0.1mVp-p で、0Vp-p 設定も可能です。オートレンジ機能により、全出力電圧範囲において常に最適な出力電圧レンジを選択。設定レベルによる振幅設定確度の低下を軽減し、常に高い振幅設定確度を得られます。また、レンジ切換えによる振幅不連続が問題になる場合には、レンジホールドを選択することも可能です。

 

 豊富な出力波形

正弦波、方形波(デューティ可変)、パルス波(パルス幅、デューティ、立ち上がり時間/立ち下がり時間可変)、ランプ波(シンメトリ可変)、ノイズ(ガウス分布)、DC のほか、各分野でよく使われる波形25種類を“ パラメタ可変波形” として搭載しています。さらに、ユーザが定義する任意波形は最大1Mi*ワードで、本体または付属の任意波形作成ソフトウエアで容易に作成できます。

*Mi は220=1048576 を表します。 (IEC 60027-2 / IEEE 1541-2002)

正弦波

 

方形波

 

パルス波

正弦波   方形波   パルス波

ランプ波

 

ノイズ(ガウス分布)

 

パラメタ可変波形
(CF制御正弦波)

ランプ波   ノイズ(ガウス分布)   パラメタ可変波形(CF制御正弦波)
 

多彩な発振モード 

発振モードは、連続、スイープ(周波数、位相、振幅、DC オフセット、デューティ)、バースト(オートバースト、トリガバースト、ゲート、トリガドゲート)、シーケンス、内部変調/外部変調(FM、FSK、PM、PSK、AM、DCオフセット変調、PWM)を装備しています。
各モードで多様な設定ができるので、各種試験信号の出力や複雑な試験の効率化をサポートします。

スイープ

スイープ

 

ゲイテッドスイープ

 
 スイープ    ゲイテッドスイープ  

AM

 

DCオフセット変調

 

PWM

AM   オフセット変調   PWM

オートバースト

 

トリガバースト

 

ゲート

オートバースト   トリガバースト   ゲート

トリガドゲート

 

全波整流波形
(バースト/トリガ)

 

半波整流波形
(バースト/トリガ)

トリガドゲート   全波整流波形<br>(バースト/トリガ)   半波整流波形<br>(バースト/トリガ)

3値パルス
(バースト/トリガ)

       
3値パルス<br>(バースト/トリガ)        
         
red_circle_s 振幅変調を用いたレゾルバ信号波形

 

Movie

 

red_circle_s 周波数変調を用いたジッタの模擬 Movie

 シーケンス機能

波形、周波数、振幅、DCオフセット、位相、デューティを、次々に変化させながら出力できるシーケンス機能を搭載。本体または付属のソフトウエアでプログラムできます。

シーケンス機能→

 

2 チャネル連動(WF1968 のみ) 

2 チャネル独立した設定のほか、2 相、周波数差一定などの設定が可能です。2 チャネル連動したまま、各種スイープを行うこともできます。出力は、チャネル毎に筐体から絶縁されています。

  • 独立
  • 2 相(同一周波数)
  • 周波数差一定
  • 周波数比一定
  • 差動出力(同一周波数・振幅・DC オフセットで、逆相波形)
  • 差動出力2(同一周波数・振幅でDC オフセットが、逆極性の逆相波形)

2チャネル独立

 

差動出力

2チャネル独立   差動出力

 

 フローティング

波形出力の信号グラウンドは、筐体から絶縁されており、各々異なる電位にある機器と接続することができます。これにより、グラウンドループが原因となるノイズを低減できます。2 チャネルモデルは、チャネル間も絶縁しています。

 

 外部加算入力

外部からの信号と内部で生成する波形を加算して出力できます。入力周波数は、DC から100MHz です。

外部加算入力

オフセット変調

 

サージ波形

オフセット変調   サージ波形

 

その他の機能

操作性を向上し、応用範囲を広げる各種機能を搭載 →