株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

信号発生器

販売終了ロジックジェネレータ

EZ1660

仕様

イージーギア

基本機能

  • モード
クロックシンセサイザ チャネル毎にパラメタの異なるクロックを出力
連続モード 設定したロジックパターンを繰返し出力
シーケンスモード 一連のステップを自動的に実行
  • 基本クロック
    1~44100S/s (44100の整数分の1に設定可能)
  • クロックシンセサイザ
    32チャネル独立パラメタ
Period(周期) 2CLK~1000CLK
Duty 1% ~ 100% 分解能 1% または 100/Period %
Delay 0~100CLK(設定単位は秒)
ファイル保存・読込み 独自形式ファイル (*.lpm)
  • 連続モード
ロジック長 最大441000CLK (全チャネル共通)
ロジックパターン
 直接指定  マウスクリックでHigh、Low、Invertを指定
 数値指定  データを数値で指定
 クロック  周期とDutyを指定
 パターン発生式  パターン発生式を指定
 パラレル  パラレルバスのパラメタとデータを指定
 3線シリアル  3線シリアルパラメタとデータを指定
表示 タイミングチャートを表示
ファイル保存・読込み 独自形式ファイル (*.ldt) 
指定チャネルだけの保存、読込みも可能

シーケンス

  • シーケンス制御
    Start、Pause、Stop
  • ステップ数
    1~999
  • ステップ長
    最大441000CLK (44.1kS/sで10秒)
  • 最大出力時間
    ステップ長×ステップ数
    【例】基本クロック100S/s、360000CLK、12ステップの時 →12時間出力
  • ステップパラメタ
ステップデータ 保存したロジックデータファイルを指定
ステップ名 ファイル名を表示
ステップ時間 ロジックデータの時間
リピート 1~99999
ジャンプ 実行回数がリピート回数未満なら指定のステップにジャンプ
  • 編集機能
ステップ編集 切り取り、コピー、貼り付け、挿入、削除、移動
表示 シーケンス全体のタイミングチャート表示
ファイル保存・読込み 独自形式ファイル (*.lsq)

出力特性

  • チャネル数
    データ:32チャネル (8チャネル×4pod)
    クロック:1チャネル (全podに出力) 44.1kHz固定
  • 出力電圧
    Lowレベル:0.6V以下、Highレベル:4.0V以上
  • 最大出力電流
    ±0.5mA/チャネル
  • 出力可能信号周期
    45.3μs~1000s(22.05kHz)(クロックシンセサイザモード)
    *他のモードでは、さらに長い同期も出力可能
  • 出力インピーダンス
    200Ω以下
  • 負荷インピーダンス
    10kΩ以上
  • 出力コネクタ
    正面パネル 専用プローブ接続コネクタ

一般仕様

  • 電源
    USBコネクタより供給(バスパワー)
  • 消費電流
    200mA以下(EZ1660)
  • 設置姿勢
    水平
  • 環境条件
    +5℃~+35℃、5%~85%RH(絶対湿度1~25g/m3、結露なきこと)
  • 外形寸法
    120(W)×30(H)×109(D) mm (突起部を除く)
  • 質量
    約200g (付属品を除く)
  • 動作環境
PC

IBM PC/AT互換機
*推奨PC環境での動作を保証するものではありません。 動作確認の上ご使用ください。
*自作PC、ショップブランドPCでは動作しない場合があります。
*NEC PC9801/9821シリーズには対応していません。
*ハブを使用せずにPCのUSBポートに直接つないでください。

CPU Celeron 800MHz以上
メモリ 256Mバイト以上
ハードディスク 空き容量 500Mバイト以上
表示 SVGA以上
その他 CD-ROMドライブ、マウス
USBポート USB 1.1ポート
動作OS プリインストール
Windows98SE、Me、2000(SP4)、XP(SP1)
  • ドライバが Ver.1.00の場合、オーディオデバイスが必要となりますので、必ず最新バージョン (Ver.2.10) にアップデートしてください。ドライバ Ver.2.10へのアップデートはこちらから。
ドライバを最新バージョン (Ver.2.10) にアップデートする必要があります。(Ver.1.00では、Pentium III 1GHz以上)

 

【ご注意】
  • typ とした値は代表値であり、保証値ではありません。
  • 本シリーズを、2機種以上同時に接続して使用することはできません。
  • ハブを介さず、本体に直接接続して使用してください。
  • 本シリーズは、データの収集、連続出力をパソコンからの制御によって行うため、OSやパソコンの使用状況によって動作が途切れることがあります。また、連続動作中は他のアプリケーションを起動しないことを推奨します。