株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

信号発生器

クロックシンセサイザ

CK1620

最高500MHz のクロック信号源

CK1620

拡大

▲CK1620

CK1620は最高周波数 500MHzの高速クロック信号発生器です
汎用のパルスジェネレータに比べ、けた違いに正確な周波数が得られるうえ、外部の基準周波数 (10MHz) に同期した任意の周波数も発生可能です。
出力レベルはハイレベル/ローレベル独立可変で、−2V~+7Vまでを自在に設定できますので、ほとんどのロジックレベルに対応します。
出力レベルに制約があります。詳しくは仕様をご確認ください。

 

On-line 見積

CK1620 ¥398,000 (税抜)
  • 高速クロック&高分解能
    1kHzから最高500MHz の高速クロック信号を出力します。周波数設定分解能は1mHz (最大12桁) と高分解能です。
      出力レベルに制約あり
  • 高確度
    シンセサイザ方式により、±5ppmの正確な周波数を出力します。さらに「高確度周波数基準オプション」により、 ±0.1ppmという格段に高い確度で出力することができます。
  • 外部クロック入力
    外部から基準周波数 (10MHz) を与えることにより、これに同期した任意の周波数を発生させることができます。
  • 出力電圧可変
    出力電圧は、ハイレベル/ローレベル独立可変となり、−2V~+7Vの範囲で設定できます。分解能は0.01Vと高分解能
  • 低出力ジッタ
    当社従来品に比べ、出力ジッタを大幅に低減しました。(50ps rms 参考値)