株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

交流電圧計

交流電圧計/ノイズメータ

Mシリーズ

特長

 

M2170A 

広帯域

5Hz~20MHz の広い周波数範囲で、オーディオやRF 測定、広帯域のノイズ測定、高速立ち上がりパルス測定などに使用できます。

真の実効値指示

熱変換方式によるRMSコンバータを採用し、入力信号の最大波高率をメータフルスケールで7 まで測定できます。高調波やノイズ成分の大きい信号測定でも、正確な実効値を指示します。波高率の過大な信号に対しては、警告ランプが点灯します。

 

 

M2174A/M2177A 

高感度

M2174A は最高10μV フルスケール(15 レンジ)、M2177Aは30μV フルスケール(14 レンジ)と高感度です。オーディオアンプのノイズやクロストークなどの微少レベルの信号を測定できます。

オートレンジング(M2177Aのみ)

M2177Aは、信号を入力すると、自動的に最適な電圧レンジに設定するオートレンジング機能を装備しています。オーディオ製品の量産ラインなど測定時間の短縮が求められる用途に適しています。
レンジの固定、手動によるレンジのアップ・ダウンも可能です。

検波方式切換え

真の実効値検波(波高率5以下)、平均値検波、準尖頭値検波の3 種類の検波方式を切換え可能です。

聴感補正フィルタ内蔵

標準で4 個の聴感補正フィルタを内蔵。オプションで4 種類のフィルタが用意されており、2 個追加することができます。

・ 標準

JIS-A(JIS C1502-1990[A特性])、JIS-C(JIS C1502-1990[C特性])、DIN-AUDIO(DIN45405-1967)、CCIR ARM(Dolby Cat.No.98A)*1

・ オプション

PA-001-0465 :IHF-BPF 聴感補正フィルタオプション(ANSI/IEEE Std.185-1975)
PA-001-0467 :DIN-NOISE 聴感補正フィルタオプション(DIN45405-1967)
PA-001-1003 :CCIR 聴感補正フィルタオプション*1 (CCIR-Rec.468:1978)
PA-001-0466 :1/3oct バンドパスフィルタオプション*2 (JIS C1513-1983[III形])

*1 CCIR-ARM は、オプションでCCIR に変更可能
  CCIR ARM とCCIR は同時装着不可(CCIR-ARM を外して装着)
*2 10Hz ~ 20kHz の範囲において、10、12.5、16、20、25、31.5、40、50、63、80 系列の周波数

 

聴感補正フィルタ内蔵

 

 

M2170A/M2174A/M2177A共通 

大型アナログ・メータ

ミラー付きの大型のアナログ・メータを採用。誤差の発生を防ぎ、正確な値を読み取ることができます。デシベル目盛りへの変更も可能です。

 

大型アナログメータ

デシベル直線目盛り

デシベルの読み取り用に、デシベル目盛りが等間隔となるメータを用意しています。ご注文時にご指定ください。

・ dBリニアスケールオプション

PA-000-0673(受注時オプション)

・フルスケール: 目盛りの0dBV
・DC出力電圧:

 +1V(各レンジのフルスケール入力、無負荷時)
 0V(各レンジのフルスケールの-10dB 入力、無負荷時)

 

dBメータ表示

感度調整器

感度を0~-10dB まで連続的に変化させることができます。感度調整器を使うと、S/Nや利得の測定時に基準レベルを希望の値に対応させて読み取ることが可能です。

AC出力とDC出力

背面にAC出力端子とDC出力端子を装備しています。AC出力は、入力波形をモニタできます。また、利得可変の広帯域プリアンプとして使用することも可能です。DC出力は、メータ指示に比例した直流を出力できます。