株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

微少信号測定器

アイソレーションアンプ

5325

特長 

高耐圧

7000Vpeak 1分間、2800Vpeak連続の耐圧が保証されています。そのうえ、信号除去比(IMRR)180dB以上、リーケージ電流3μA以下など、優れたアイソレーション特性を有しています。 

低雑音

アイソレーションアンプとしてこれまでにない低雑音を目指して、入力換算雑音15nV/ √Hzを実現しました。
リニアリティやドリフト特性もノンアイソレーションの計測用増幅器とほぼ同等の値をクリアしています。 

広帯域

DCから1MHzと広帯域ですので、高速度のパルス信号にも対応できます。また、不必要な信号は、内蔵されたローパスフィルタで除去できます。 

コンパクト

ボディはラックへの組込み時に2台並んでピッタリ収まるハーフラックサイズ。多チャネルのシステムでもスッキリ
とセットアップできます。 

 

アイソレーションアンプについて

アイソレーションアンプは、入力と出力のグラウンド間を絶縁した増幅器です。差動増幅器や入力トランスのもつコモンモード雑音の排除能力をさらに拡大させた増幅器であると考えることもできます。即ち、大きなコモンモード電圧(アイソレーションアンプではアイソレーションモード電圧と呼ぶ)に耐えるほか、その除去率(IMRR)も大きく取れ、両グラウンド間を流れる電流(リーケージ電流)はごく僅かです。このため、アイソレーションアンプは、センサと測定機器のグラウンド電位が異なる場合や、グラウンドに大電流が流れる装置の近傍で微少信号を計測する場合、ディジタルとアナログの混在するシステムの中で特定のアナログ回路のグラウンドをクリーンに保ちたい場合、また、グラウンドから浮いた2点間の電位差を測定する場合などに使用されます。   アイソレーションアンプ