株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

周波数特性分析器

新製品ゲイン・フェーズ分析器

FRA51602

インバータ・スイッチング電源のループ・ゲイン測定に。
最大電圧600V

-- 非絶縁型PFC回路を商用電源に接続した状態で測定可能。

 

FRA5097

拡大

▲FRA51602

ゲイン・フェーズ分析器 FRA51602は、ゲイン・フェーズ測定に特化した装置です。ディジタルフーリエ積分方式の優れたノイズ除去特性を生かし、非測定対象の振幅・位相を高精度に短時間で測定します。
アイソレーション/最大入力電圧 600V CAT II / 300V CAT III に対応。従来機に比べ、より高電圧の信号を測定することが可能です。

加えて、測定値を容易に検索可能なマーカサーチ機能や設定メモリの内容を番号順に読み出してスイープ測定するシーケンス測定など、作業の効率化を推進する様々な新機能を搭載しています。 
 

On-line 見積

FRA51602 ¥1,980,000 (税抜)    

 

性能 信頼のスペック

  • 測定周波数 10μHz~2MHz
  • 測定速度 0.5ms/point
  • 基本確度 振幅±0.01dB, 位相±0.06°
  • アイソレーション 600V CAT II/ 300V CAT III 
  • ダイナミックレンジ 140dB
 

機能 便利な機能

  • シーケンス測定
  • マーカサーチ機能
  • 群遅延測定
  • 周波数変化時位相制御
  • オートレンジング、遅延機能、振幅圧縮機能  など
   

スペック&機能詳細 スペック&機能詳細

 

 

fra51615 new  

周波数特性分析器 FRA51615 リンク

電子回路・電子部品から電気化学、先端バイオ研究まで

  • 測定周波数 10μHz ~15MHz
  • インピーダンス測定・ゲインフェーズ測定