株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

周波数特性分析器

周波数特性分析器

FRA5087 / FRA5097

アプリケーション 電気二重層コンデンサのESR 測定

  • 電気二重層コンデンサ
  • 大容量・低 ESR 
  • 蓄電デバイス 
   

電気二重層コンデンサ(EDLC)は、一般的な電解コンデンサより大容量で充放電時の耐久性が高いことから、蓄電デバイスとして使用されています。一般的なバッテリは、電極に使用されるリチウムや鉛などが発熱の原因や環境負荷となるため、用途によっては、バッテリから電気二重層コンデンサへの置き換えが進んでいます。

電気二重層コンデンサのESR測定 低周波からの測定

電気二重層コンデンサがバッテリの置き換えとして使用される理由は、ESR が非常に小さく、内部損失が少ないためです。
電気二重層コンデンサのESR を実測する場合は、数Hz あるいはそれ以下の低周波における小さなインピーダンス値を測定する必要があります。
そのため、最低周波数が20Hz 程度のLCR メータでは正しい測定ができません。エヌエフのLCR メータZM シリーズのように1Hz 以下の低周波が測定できる機器が必要となります。

 

LCRメータでは測定できない場合

静電容量が大きなコンデンサの場合、低周波でSN 比が悪化するため、LCR メータでも正しく測定できない場合があります。
この場合は、FRA(周波数特性分析器)とバイポーラ電源を組合わせた測定をご検討ください。
バイポーラ電源は出力インピーダンスが低いため、大容量コンデンサの駆動に適しています。

 

測定ブロック図

 

測定データ

ブロック図   測定データ

 

Solution

  • 1Hz 以下の低周波からESR の測定可能
  • 低出力インピーダンスのアンプでコンデンサを駆動

 

 

アプリケーション一覧へ link_arrow