株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

微少信号測定器

広帯域電流増幅器

CA-550シリーズ/CA-650シリーズ

特長

 

 

最高10G(V/A)高利得と広帯域を両立 

1M/10M/100M/1G/10G (V/A)の5種類の利得をラインナップしました。高利得において、他にはない広帯域を実現した電流増幅器です。

 

 

利得(V/A)

1M

10M

100M

1G

10G

周波数
特性

DC~
1MHz

DC~
500kHz

DC~
250kHz

DC~
100kHz

DC~
20kHz

 

電流利得-周波数特性図

スペーサ

スペーサ

▲電流利得-周波数特性図

 

 

センサ・接続ケーブルの容量に対して安定 (特願出願中) 

周波数帯域が広いにも関わらず、センサや接続ケーブルの入力付加容量に対して、安定に動作し、発振の心配がありません。パルス応答に対して、オーバシュートやリンギングをほとんど生じないのが特長です。
ケーブルやセンサの容量に対して安定しているので、さまざまなセンサに安心して使用できます。

・エヌエフの広帯域増幅器なら

従来の電流増幅器は、入力に容量が付加されるとパルス応答に大きなオーバシュートやリンギングが発生します(左下のグラフ)。この場合、帰還コンデンサを追加してオーバシュートをなくすことはできますが、立ち上がり時間は大幅に増大します。

また、補償できる入力付加容量は1点のみで、入力容量が変わると再調整が必要になります。このため、従来の電流増幅器は入力の容量が決まったセンサと組み合わせて使用されることが多く、標準化しにくいため、汎用的に使用できる電流増幅器が求められていました。
エヌエフの広帯域電流増幅器は、入力側の容量に対して安定な上、従来の10倍以上の高速応答を実現しています。

パルス応答特性 (Cs:入力-GND間容量)

従来型電流増幅器

 

広帯域電流増幅器 

▲従来型電流増幅器

利得:1G(V/A)

X 軸:200μs/div.

Y 軸:2V/div.

 

▲CA-656F2

利得:1G(V/A)

X 軸:20μs/div.

Y 軸:2V/div. 

 

 

低雑音 

高利得・広帯域でありながら、fA(10-15)オーダーの低雑音を実現しました。誘導雑音の影響を受けにくい6面シールドパッケージを採用しています。さらに、増幅器への電源供給には、出力雑音を300μVrms以下に抑えた低雑音直流電源を用意し、微小な電流のより高精度な信号処理を可能としました。

 

入力換算雑音電流密度-周波数特性図

スペーサ

スペーサ

▲入力換算雑音電流密度-周波数特性図

 

 

 

LPF出力 

ローパスフィルタ(LPF)出力を装備しているので、帯域を制限した出力が可能です。外付コンデンサ1個で遮断周波数を変更できます。右のグラフは、CA-554F2/CA-654F2のLPFを切り換えて、出力電圧ノイズを測定した例です。

 

 

出力電圧雑音密度-周波数特性図

スペーサ

スペーサ

▲出力電圧雑音密度-周波数特性図