株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

アプリケーション 

インピーダンス測定

電圧を印加したセラミックコンデンサの測定 

積層セラミックコンデンサ(MLCC)
 
インピーダンス
 
高電圧測定
 

近年、インバータなどの機器が小型化されるにつれ、フィルムコンデンサや電解コンデンサから積層セラミック
コンデンサ(MLCC)への置き換えが進んでいます。
積層セラミックコンデンサは、電圧値や周波数帯域により静電容量が変化するため、実際に使用される条件で
静電容量を測定し、最適な容量を確認することが重要です。

NFのインピーダンス測定器(FRA)/高速バイポーラ電源を使用すれば…

  • 使用条件を模擬し、実際に組み込まれる条件で測定
  • 高電圧・高周波で特性を測定可能

システム構成例

 

 

 測定ブロックズ

 

 ●  

周波数掃引させた交流信号をバイポーラ電源で増幅して、セラミックコンデンサに印加し、静電容量の周波数特性を測定します。 

 

実測データ

 

 

印加する電圧が大きくなるにつれ、キャパシタンス値が減少。静電容量の変化が確認できます。

  • 0V 時:0.47μF(偏差 1.00) >>> 150V 時:0.23μF(偏差 0.49)

 

周波数特性-キャパシタンス

 

直流電圧特性比較表 

                                        拡大アイコン 

 

測定の構成機器 

周波数特性分析器 FRA5087/FRA5097 arrow

高速バイポーラ電源 HSAシリーズ arrow

 

 

カタログ・資料請求 お問い合わせ オンライン見積

 

> 製品の技術的なご質問は・・・HOTLINE
> 見積・納期等のご質問は・・・営業代表:TEL:045-545-8111FAX:045-545-8191

 

ページの先頭に戻る