•  

ここから本文です。

使ってみてレポート:【第5弾】レポートのカスタマイズ

Megu

皆さんこんにちは。ZGA使ってみてレポートの第5弾は、レポートのカスタマイズについてです。
ZGAのレポート機能では、レポートに使うテンプレートをカスタマイズできます。
今回は、そのレポートをカスタマイズする方法をお伝えしたいと思います。

レポート機能とは

ZGA には、レポート機能が用意されています。レポート機能を使うと、測定した結果、解析の結果、そしてシミュレーションの結果を、プリンタに出力したり、PDF ファイルに出力したりすることができます。測定の結果を保管したり、プレゼンテーションなど他の目的で使ったりするときなどに便利です。レポート機能を使うためには、ZGA の画面左側の「レポート」アイコンをクリックします。クリックすると「レポートパレット」が表示されます。

基本的なレポートのテンプレートは、あらかじめ ZGA のアプリケーションごと に用意されていますので、その中から目的にあったテンプレートを選択してレポートを出力することができます。ただ、用意してあるテンプレートの数は限られていて、様々な要望に応えることはできません。そこで、個々の要望に対応するため、ZGA には、標準で用意されているテンプレートを使ってレポートを作る機能の他に、自分でテンプレートを作成(カスタマイズ)して、出力にはそのテンプレートをを使う機能が用意されています。


 

▲画像をクリックすると拡大します。

テンプレートのカスタマイズの方法

テンプレートは、Adobe Acrobat 形式で作成されていますので、テンプレートをカスタマイズするには、Adobe Acrobat が必要です。これは、PDF を見るための Adobe Reader ではなく、PDF ドキュメントを編集する機能を持った Adobe Systems Inc. の製品です。

テンプレートのエクスポート

テンプレートは、白紙から作ることもできますが、ZGA に入っているテンプレートを変更して作成するほうが簡単で間違いがありません。そのため、まず ZGA のテンプレートをエクスポートする方法を説明します。

ZGA のレポートテンプレートのエクスポートは、レポートパレットから行います。

まず、エクスポートするテンプレートを保存する USB メモリを用意してください。USB メモリは、ZGA の USB 端子に挿入します。

次に、レポートパレットに表示されているテンプレートの中からカスタマイズするテンプレートを選びます。テンプレートを選ぶと右側のエリアに、テンプレートのプレビューが表示されますので、テンプレートの概要は確認できます。

テンプレートが表示されているエリアの下にある、エクスポートボタン download を押すと、エクスポートする先を指定するダイアログボックスが表示されます。USB メモリを指定して、エクスポートしてください。

エクスポートが終わったら、ZGA から USB メモリを抜いて、Adobe Acrobat が入っている PC に挿します。


レポートパレット

▲画像をクリックすると拡大します。

テンプレートの編集とインポート

Adobe Acrobat でエクスポートされた PDF ファイルを開いてフィールドを編集します。ファイルを開くと右の図のような画面が表示されますので、フィールドの追加、削除、位置の調整などの編集を行ってください。ZGA はレポート作成時に、テンプレートのフィールドの名称を見て、そこに必要なデータを書き込みます。フィールド名とそれに対応するデータに関して詳しくは、ZGA5920 取扱説明書の「6.4 帳票ファイルフォーマット」を参照してください。右の図は、カスタマイズ後のテンプレートです。ZGA からエクスポートしたテンプレートの、フィールドの位置を変更して、会社のロゴを入れています。

テンプレートの編集が終了したら、変更したテンプレートを ZGA で使うために、ZGA にインポートします。エクスポートしたテンプレートをそのままのファイル名でインポートすると参照したテンプレートを上書きしてしまいますので、誤って上書きしてしまわないように編集するテンプレートファイルのファイル名はあらかじめ変更しておいたほうが良いでしょう。

インポートは、エクスポートしたときと同じレポートパレットを使います。インポートボタン importButton を押すとインポートするファイルを指定するように求められますので、編集したファイルを選択するとテンプレートがインポートされます。

注意:レポートテンプレートをインポートするときは、ZGA のアプリケーションをそのテンプレートを使うアプリケーションに変更してください。インポートしたときに選ばれていたアプリケーション以外では、インポートしたテンプレートを使うことはできません。


カスタマイズ後のテンプレート

▲画像をクリックすると拡大します。

カスタマイズしたテンプレートを使ったレポート出力

ZGA での測定、解析、シミュレーションが終了した後、レポートパレットを開きます。テンプレートのリストからカスタマイズしたテンプレートを選択して「レポート」ボタンを押すとレポートが作成されるとともに、レポートパレットの右側のエリアに、プレビューが表示されます。ZGA に接続されたプリンタに印刷するには、右下の「印刷」ボタンを押します。 レポートをそのまま PDF ファイルとして利用するには、左のレポートエリアから、該当するレポート(通常は最後のレポート)を選択して、エクスポートボタンを押し、ファイルを USB ファイルに格納します。


レポートパレット

▲画像をクリックすると拡大します。

終わりに

今回は、レポートのカスタマイズについて説明しました。例として、会社のロゴを入れたテンプレートを作成しましたが、レポートの中には、ロゴだけでなく様々なグラフィックを入れることができます。いろいろ試してオリジナルのテンプレートを作ってみてください。

 


(使ってみてレポート一覧へ)